トップ > エンタメ > スターニュース > カン・スヨン、心停止状態で病院に移送 Netflix映画での復帰控えていたが

カン・スヨン、心停止状態で病院に移送 Netflix映画での復帰控えていたが


  • カン・スヨン、心停止状態で病院に移送 Netflix映画での復帰控えていたが
  • カン・スヨン | スタートゥデイDB

女優カン・スヨン(55)が心停止状態で病院に移送されたニュースが伝えられた中、映画界とネットユーザーたちが一心に快遊を祈っている。

消防当局などによると、カン・スヨンは去る5日午後5時48分頃、江南区狎鴎亭洞にある自宅で苦痛を訴え、家族の通報を受けて出動した救急隊により心停止状態で発見された。カン・スヨンはすぐに近くの病院に移され、意識のない状態で治療を受けている。

この日午前から頭痛を訴えていたカン・スヨンは病院で脳出血の診断を受け、家族たちは手術を検討中であることが分かった。警察関係者は「現在まで犯罪が疑われる点は見つからなかった」と明らかにした。

連合ニュースによると、キム・ドンホ元釜山国際映画祭理事長など映画関係者の一部は前日の夕方、カン・スヨンが治療を受けている病院を訪れて快遊を祈った。

カン・スヨンと縁が深いイム・グォンテク監督も快遊を祈願した。イム・グォンテク監督の関係者はあるメディアに「現在、監督は何も話せないほど深い衝撃を受けた状態」とし「カン・スヨン俳優が早く健康を回復することを切望している」と伝えた。

  • カン・スヨン、心停止状態で病院に移送 Netflix映画での復帰控えていたが
  • イム・グォンテク監督とカン・スヨン | スタートゥデイDB

映画『掲帝掲帝波羅掲帝』で共演したハン・ジイルもSNSに「ワールドスター、カン・スヨン。一日も早く快癒してファンのそばに戻ることを祈ってほしい」とコメントを残した。

カン・スヨンの俳優復帰作であるNetflix映画『JUNG_E/ジョンイ』で作業したヨン・サンホ監督もカン・スヨンの知らせが伝えられた後、「撮影当時、健康上に問題は全くなかった。むしろ体調がとてもよかった。撮影中、明るく情熱があふれていた」とし「突然の知らせに驚いている」と快癒を願った。

ネットユーザーたちも「健康を回復してほしい」「奇跡が起きてくれることを祈ります」「早い快遊を祈ります」「どうか回復しますように」など応援のコメントを残した。

カン・スヨンは1987年に公開されたイム・クォンテク監督の映画『シバジ』でベネチア映画祭で主演女優賞を受賞した。イム・グォンテク監督の『掲帝掲帝波羅掲帝(Come Come Come Upward)』でモスクワ映画祭主演女優賞を受賞した。2001年にはSBSドラマ『女人天下』の主人公チョン・ナンジョン役で大変な人気を博した。今年はヨン・サンホ監督のNetflix映画『JUNG_E/ジョンイ』にキャスティングされ、復帰を控えていた。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-06 07:39:31