トップ > エンタメ > K-POP > Stray Kids、ワールドツアーの米国公演を追加 計8都市で12回

Stray Kids、ワールドツアーの米国公演を追加 計8都市で12回


  • Stray Kids、ワールドツアーの米国公演を追加 計8都市で12回
  • JYPエンターテインメント

グループStray Kidsが2回目のワールドツアーの一環として米国のシアトル公演1回、アナハイム公演2回を追加し北米だけで計8都市12回の公演に乗り出す。

Stray Kidsは当初予定された「Stray Kids 2nd World Tour "MANIAC"」の7回規模の北米ツアーチケットを全て完売させロサンゼルスとニューアーク公演を1回ずつ追加した。該当公演もやはり全て完売を記録し、このような熱烈な反応にJYPエンターテインメントはシアトル1回、アナハイム2回の追加公演を確定しグローバルファンを歓呼させた。

これでStray Kidsは6月28日(以下現地時間)と29日に米国ニューアークのプルデンシャル・センター、7月1日にシカゴのユナイテッド・センター、3日にアトランタのステートファーム・アリーナ、6日にフォートワースのディッキーズ アリーナ、9日と10日にロサンゼルスのキア・フォーラム、12日にオークランド・アリーナ、14日と15日にシアトルのクライメート・プレッジ・アリーナ、19日と20日にアナハイムのホンダセンターまで北米8都市で12回公演を行い現地の観客と会う。

これに対しStray Kidsは先立って4月29日から5月1日までの3日間、ソウル松坡区(ソンパグ)蚕室(チャムシル)室内体育館で開かれたソウル公演で「Kパフォーマンスの代表」の面貌を遺憾なく発揮したのに続き、ポップの本場である米国で明確な存在感を誇る予定だ。今回のツアーは初のワールドツアー「Stray Kids World Tour 'District 9 : Unlock'」以後、約2年5か月ぶりに実現した対面単独コンサートで米国ビルボードのメインチャート「ビルボード200」頂上に輝くアルバム『ODINARY』のタイトル曲「MANIAC」をはじめ豊かなセットリストで現場の雰囲気を熱くした。

Stray Kidsはソウルの3回公演と北米8都市の12回公演を含め日本の神戸で6月11日と12日、東京で6月18日と19日、7月26日と27日まで計11都市21回規模の2回目のワールドツアーを展開し大勢の歩みに拍車をかける。

一方、Stray Kidsは4月2日付ビルボードメインチャートである「ビルボード200」でKーPOPアーティスト史上3番目に1位に上がり新しい歴史を書き該当チャートに7週間連続ランクインし「KーPOP大勢グループ」として堂々と位置づけられた。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-11 08:49:08