トップ > エンタメ > K-POP > BIGBANG、「春夏秋冬(Still Life)」で4月の韓国音楽市場を席巻

BIGBANG、「春夏秋冬(Still Life)」で4月の韓国音楽市場を席巻


  • BIGBANG、「春夏秋冬(Still Life)」で4月の韓国音楽市場を席巻
  • YGエンターテイメント

グループBIGBANGが約4年ぶりに発表したデジタルシングル「春夏秋冬(Still Life)」で韓国国内音楽市場を席巻し、変わらない絶大な存在感を発揮した。

12日、韓国音楽コンテンツ協会が運営するガオンチャート発表によると、BIGBANGのシングル「春夏秋冬(Still Life)」が4月デジタル部門1位にランクインした。

ガオンデジタルチャートはストリーミング、ダウンロード、BGM売上枚数に加重値を付与したデータを統合集計し、最終順位を付ける。ガオンチャートで収集するチャート関連データは、韓国国内の音源売上の約97%以上を占めており、大韓民国を代表するメインチャートに挙げられる。

この総合チャートでBIGBANGは1位にランクインし、名実共に今年4月音楽市場トップであったことを確認した。実際、先月5日に発売された「春夏秋冬(Still Life)」は、2022年15週目、16週目ガオンデジタル週間チャートのトップを席巻した後、17週目にしばらく2位を記録したが、18週目に再び1位を奪還し、4月の代表曲となった。

特に、韓国国内音楽市場の最大シェアを誇るサイトであるMelonのトップ100 24Hitsでは、これまで合計35日間にわたって1位を記録した。これに先立ちgenie、Bugs、Naver VIBE、FLOなど主要音源サイトまで「パーフェクトオールキル」だった。

海外でも好成績を収めた。「春夏秋冬(Still Life)」はiTunesワールドワイドチャートを席巻したのに続き、米国ビルボードグローバル200とビルボードグローバルチャートで上位圏を記録し、主流ポップ市場でも幅広い人気を得ていることを証明した。

一方、「春夏秋冬(StillLife)」はBIGBANGの過ぎた日々に対する断想と悩み、そして現在と未来を暗示的に表現した曲だ。美しいメロディーと詩的比喩が宿った歌詞、その中に込められた叙事詩が青春を振り返らせ、全世界の音楽ファンの共感を得ている。
  • イ・タギョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-12 13:23:21