トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ドクター弁護士」ソ・ジソブ、法律用語・医学用語に慣れるまで練習した

「ドクター弁護士」ソ・ジソブ、法律用語・医学用語に慣れるまで練習した


『ドクター弁護士』ソ・ジソブが医師であり弁護士になって帰ってくる。

6月3日に初放送されるMBCの新金土ドラマ『ドクター弁護士』(脚本 チャン・ホンチョル/演出 イ・ヨンソク/製作 Celltrion Entertainment、モンジャクソ)は医学ドラマと法廷ドラマが結合した特別なジャンルの作品だ。『ドクター弁護士』で4年ぶりにドラマ復帰する俳優ソ・ジソブ(ハン・イハン役)はドラマの中で「ドクター(医師)」でありながら「ロイヤー(弁護士)」である主人公ハン・イハン役を演じ、視聴者に会う準備をしている。

医学ドラマ、法廷ドラマなど専門的な分野を描くドラマの場合、俳優たちの演技力が非常に重要だ。俳優たちの強力な演技力を通じて視聴者がより簡単にドラマの深い世界を理解し没頭するためだ。ソ・ジソプもこの点に一番気を使い、ソ・ジソブなりのキャラクターをつくり上げている。

  • 「ドクター弁護士」ソ・ジソブ、法律用語・医学用語に慣れるまで練習した
  • Celltrion Entertainment、モンジャクソ

ソ・ジソブは「医師出身の弁護士という独特のキャリアを持った人物であるだけに、専門的な姿が十分に納得されてこそ視聴者の方々が没頭できると考えた。なので法律用語はもちろん、馴染みのない医学用語にまで慣れるよう、練習をたくさんした」と明らかにした。

続いて「ドラマの中の手術場面を撮る時には諮問できる医師の方々が常に常駐していた。まず、お手本を見せてくださった後に、真似する形で撮影した。メスを取る角度から縫合まで細かく教えてくださって、たくさんの助けを受けた。そのようにして手術場面では手術道具に対する熟知だけでなく、ハン・イハンが直面する状況によって目つき、アクション、台詞に、どのように変化をつけるか悩んだ」と伝えた。

ソ・ジソブはキャラクターの専門的な面貌はもちろん、人間的な感情表現にも力を注いだ。ソ・ジソブは「ハン・イハンは医療訴訟専門弁護士であるため復讐をする過程で、ただ血も涙もない自分自身の感情だけに酔っている人物ではないと思った。そのため、大切に考えることを守ろうとする責任感を持ったハン・イハンの人間的な魅力も十分に表現したかった」と明らかにした。

ソ・ジソブが4年ぶりにドラマ現場に戻ってくる。それも医師であり弁護士という専門的な面貌はもちろん、人間的な魅力まで持つ『ドクター弁護士』ハン・イハンキャラクターとしてだ。ソ・ジソブはハン・イハンを十分に表現するため、視聴者により深く近づくため最善の努力を尽くしている。ソ・ジソブが最善を尽くして作り出した『ドクター弁護士』ハン・イハンが期待される。

一方、MBCの新金土ドラマ『ドクター弁護士』は仕組まれた手術によってすべてを奪われ弁護士になった天才外科医と医療犯罪専門担当部検事のメディカルサスペンス法廷ドラマだ。6月3日金曜日夜9時50分に初放送される。
  • キム・ナヨン MKスポーツ記者
  • 入力 2022-05-23 11:42:14