トップ > エンタメ > GOT7、JYPパク・ジニョンに感謝「快くグループ名の商標権を譲渡してくれた」

GOT7、JYPパク・ジニョンに感謝「快くグループ名の商標権を譲渡してくれた」


  • GOT7、JYPパク・ジニョンに感謝「快くグループ名の商標権を譲渡してくれた」
  • ユ・ヨンソク記者

グループGOT7のJAY Bが商標権を快く譲渡してくれたJYPエンターテインメントに感謝した。

GOT7(JAY B、マーク、ジャクソン、ジニョン、ヨンジェ、ベンベン、ユギョム)は23日午後2時、ソウル市江南区ボコソウル江南で新しいミニアルバム『GOT7』発売記念記者懇談会を開き、新曲を公開した。

この日、JAY BはJYPエンターテインメントからGOT7のグループ名の商標権を譲渡されたことについて言及されると、「法が変わったからと自然に受け取ることになったのではなく、JYP側が商標権に関することに快く応じてくださった。弁護士の方も「こんなに良い形で商標権の譲渡をしてくれる場合はない」とおっしゃられた。改めてJYPのチョン・ウク社長とパク・ジニョンPD様に感謝する」と感謝の気持ちを伝えた。

続いて「商標権譲渡の過程で書類が必要だ。単純に任せればいいものだが、私は疑い深いほうなので自分でやったほうがいいと思った。だからメンバーたちに必要な書類のサインをもらって商標権の譲渡の手続きを行うことになった。「簡単なことではないんだ」という考えになり、会社で働くスタッフに対して感謝の気持ちを感じた」と明らかにした。

一方、タイトル曲「NANANA」はメンバーのJAY Bが作詞・作曲した曲で、GOT7だけの明るくてチル(Chill)なムードでいっぱいの曲だ。ポップなサウンドとギターのループが印象的で、長く待ってきたGOT7のファンと大衆を笑顔にするプレゼントのような曲を贈りたいという気持ちが感じられる。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-23 15:08:26