トップ > エンタメ > スターニュース > カンヌ国際映画祭でIUを押しのけて行ったインフルエンサー、謝罪映像を掲載

カンヌ国際映画祭でIUを押しのけて行ったインフルエンサー、謝罪映像を掲載


歌手で女優のIU(本名イ・ジウン)がカンヌ国際映画祭でフランスのインフルエンサーに「肩パン(肩攻撃)」を受けた姿が捉えられファンの怒りを買っている。そんな中、IUを押しのけて行ったフランスのインフルエンサーが謝罪の意を明らかにした。

26日(現地時間)午後、フランス南部のPalais des festivals et des Congresで第75回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival 2022)コンペティション部門の公式招請作『ベイビー・ブローカー』(監督 是枝裕和)のレッドカーペット行事が行われた。

この日の行事には是枝裕和監督と俳優ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、IU、イ・ジュヨンなどが参加した。

  • カンヌ国際映画祭でIUを押しのけて行ったインフルエンサー、謝罪映像を掲載
  • maria SNS

行事の後、オンライン上ではある映像が話題になった。「IU肩パン」というタイトルの掲示物はIUが生涯初めてカンヌのレッドカーペットを踏む状況で、ある女性が彼女の肩を押していく姿が映った映像だ。 IUは体がふらつくほど押された後、照れくさそうに笑みを浮かべた。

この映像を見たネットユーザーたちは怒りを表わにした。一部では人種差別的な意図ではないかという噂まで広がり、該当女性のSNSには謝罪を要求するコメントが集中した。

状況を認知したインフルエンサーは、自身のインスタグラムストーリーを通じて謝罪映像を掲載した。彼女は「今日レッドカーペットで起きたことに対して謝罪したい」とし「絶対に彼女や誰かを怪我させようとしたのではない」と釈明した。

続けて「心から申し訳ない」と何度も謝りながら「I am so sorry」という字幕のコメントを付け加えた。

一方、『ベイビー・ブローカー』はベイビーボックスをめぐって関係を結ぶことになった登場人物たちの予期せぬ特別な旅程を描いた映画だ。6月8日公開される予定だ。
  • ソン・ジナ MKスポーツ記者
  • 入力 2022-05-27 14:57:53