トップ > エンタメ > スターニュース > 6月末に結婚のチャン・ナラ、過去の「独身主義」関連発言が改めて話題に

6月末に結婚のチャン・ナラ、過去の「独身主義」関連発言が改めて話題に


  • 6月末に結婚のチャン・ナラ、過去の「独身主義」関連発言が改めて話題に
  • スタートゥデイDB

歌手で女優のチャン・ナラ(41)が6月に結婚すると発表した。

チャン・ナラは3日、公式ホームページに「こんにちは!チャン・ナラです」というタイトルのコメントを載せ、ファンに結婚することを知らせた。新郎は映像関連の仕事をする6歳年下の男性で、2人は2年余りの交際の末に結婚を約束した。

チャン・ナラは「きれいな笑顔と誠実で善良な心、そして何より自分の仕事に心を尽くす真正性あふれる姿勢に惚れて縁を結ぶことになった」と新郎に対する愛情をたっぷり表わして「楽しく幸せに生きる」と伝えた。

チャン・ナラが昨年7月、KBS2ドラマ『テバク不動産』終了インタビューで「独身主義者ではない」と明かした結婚関連の発言も改めて注目されている。当時、チャン・ナラは「独身主義者ではない。あれこれしている間に結婚をしなかっただけだ。行けるなら行きたい」と明らかにした。

特に当時、チャン・ナラは兄である歌手兼俳優チャン・ソンウォンの結婚後、父親チュ・ホソンが娘の結婚に対する期待を表現したことについて、「父がなぜあんな文を書いたのか分からない」と笑ったり、義姉(兄の妻)という家族構成員が増えたことにより感じる新しい喜びを伝えながら「兄の結婚により私の人生が潤沢になった。それとは別に結婚は私が行くことができるなら行きたい」と話した。

和気あいあいとした結婚関連の発言から1年。チャン・ナラは「6月の花嫁」になる。

結婚後もチャン・ナラの多忙な活動は続く。チャン・ナラは「結婚式の後、すぐに面白い作品でお目にかかる予定で、その準備も一生懸命やっている」とし「前よりさらに重く感謝する気持ちで、すべての瞬間に最善を尽くす演技者になる」と付け加えた。

2001年に1stアルバム『涙に顔を埋める』で芸能界にデビューしたチャン・ナラは役者へと活動領域を広げてドラマ『運命のように君を愛してる』、『テバク不動産』、『皇后の品格』、『ゴー・バック夫婦』などの作品で活躍した。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-06-03 09:51:35