トップ > エンタメ > 「非常宣言」イム・シワン、あまりにも豪華な出演陣に疑念消えず「最初の撮影で安堵」

「非常宣言」イム・シワン、あまりにも豪華な出演陣に疑念消えず「最初の撮影で安堵」


  • 「非常宣言」イム・シワン、あまりにも豪華な出演陣に疑念消えず「最初の撮影で安堵」
  • スタートゥデイDB

イム・シワンが『非常宣言』に出演した感想を明らかにした。

20日午前、ソウルウェスティン朝鮮ホテルで映画『非常宣言』の制作報告会が行われた。ハン・ジェリム監督と出演者のソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ナムギル、イム・シワン、キム・ソジン、パク・ヘジュンが出席した。

イム・シワンは「ものすごい先輩たちと一緒に挨拶できて光栄だ。このような行事が感無量だ。当然あるべき行事だったが、2、3年間はなかったので、この場がさらに大切なようだ」と話した。

またイム・シワンは「台本が入ってきた時、ハン・ジェリム監督の作品だと聞いて驚いた。先輩たちのキャスティングを聞いて、そんな大作が入ってきたのかと驚いた。監督とミーティングが決まったと聞いて私にできるものなのだろうかと思ったが、キャスティングされてからも安心できなかった。決まるまでは分からないものなので出演できるのか疑問に思っていたが、初めて撮影した時に安堵した。実感が湧かなった作品だった」と告白した。

『非常宣言』は前例のない航空テロにより無条件の着陸を宣言した飛行機をめぐって繰り広げられるリアリティ航空災難映画で、8月に韓国で公開される予定だ。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-06-20 11:13:32