トップ > エンタメ > K-POP > BTSやSEVENTEENなど所属のHYBEレーベルズ、韓国アルバム市場で3分の1以上を占有

BTSやSEVENTEENなど所属のHYBEレーベルズ、韓国アルバム市場で3分の1以上を占有


  • BTSやSEVENTEENなど所属のHYBEレーベルズ、韓国アルバム市場で3分の1以上を占有
  • Big Hit Music

防弾少年団(BTS)、SEVENTEEN、TOMORROW X TOGETHERなどHYBEレーベルズのアーティストたちが今年上半期に1000万枚を超えるアルバムを売り上げ、K-POPアルバム市場を圧倒した。

サークルチャート(CIRCLE CHART、旧GAONチャート)が8日に公開した2022年上半期アルバムチャートによると、1位になった防弾少年団をはじめSEVENTEEN、fromis_9、TOMORROW X TOGETHER、ENHYPEN、LE SSERAFIMなどHYBEレーベルズのアーティストの27枚のアルバムがこのチャートにランクインした。総売上枚数は1060万4142枚に達する。

このチャート基準で今年上半期のアルバム市場内のHYBEレーベルズの占有率は3分の1を超える。今年発売された8枚のアルバムの売上枚数だけでも855万3158枚に達する。

防弾少年団は計12枚のアルバムが426万7736枚売れて「21世紀ポップアイコン」の底力を立証した。防弾少年団の最新アルバム『Proof 』が295万7410枚の売上枚数でチャートのトップに輝いた。『Proof』以外に11枚のアルバムがチャートインし、防弾少年団は新譜だけでなく旧譜でも根強い人気を得ていることを確認させた。

SEVENTEENがその後に続いた。SEVENTEENの4thフルアルバム『Face the Sun』が合計237万3052枚(Weverseバージョンを除く一般バージョン限定)売れ、2位になった。2019年に発売されたSEVENTEENの3rdフルアルバム『An Ode』も9万2882枚の売上枚数でチャートインした。

TOMORROW X TOGETHERは165万263枚売れた4thミニアルバム『minisode 2: Thursday's Child』で5位を占めた。TOMORROW X TOGETHERは今回のサークルチャート2022上半期アルバムチャートのトップ5に名を連ねたアーティストの中でデビューからの年数が一番短く、第4世代K-POPグループのリーダーとしての威容を立証した。彼らは今年上半期に『minisode 2: Thursday's Child』を含め計4枚のアルバムで197万8334枚の売上枚数を記録した。

また別の第4世代グループであるENHYPENが1月に発売した1stリパッケージアルバム『DIMENSION : ANSWER』は76万2823枚が売れ9位にチャートインした。ENHYPENは今年上半期に合計100万枚以上のアルバムを売り「グローバルK-POPライジングスター」にふさわしいアルバムパワーを誇示した。

今年5月にデビューしたLE SSERAFIMの疾走も際立つ。LE SSERAFIMは41万5654枚が売れたデビューアルバム『FEARLESS』で上半期のアルバム売上枚数17位という好成績を収め、デビューと同時にK-POP市場で強烈な存在感を示した。

「サマークイーン」をコンセプトにしているfromis_9は、今年発売したアルバムすべてがチャート50位内に入った。4thミニアルバム『Midnight Guest』は14万1375枚の売上枚数で41位に、先月27日に発売された5thミニアルバム『from our Memento Box』は13万7232枚の売上枚数で44位になった。
  • 毎日経済 | パク・セヨンスタートゥデイ記者
  • 入力 2022-07-10 10:36:33