トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > イ・ジョンジェ&ヒョンビン&ソン・イェジン、韓国ドラマがアフリカ大陸を魅了

イ・ジョンジェ&ヒョンビン&ソン・イェジン、韓国ドラマがアフリカ大陸を魅了


  • イ・ジョンジェ&ヒョンビン&ソン・イェジン、韓国ドラマがアフリカ大陸を魅了
  • Netflix

KドラマがOTT(オンライン動画サービス)に乗って全世界でヒップなコンテンツとして注目されている。Kドラマは今やアジア、欧州を越えてアフリカ大陸まで魅了した。

昨年、グローバルOTTのNetflixがアフリカ・ケニアで無料サービスを提供するなど新市場開拓に乗り出した中で、最近フランスの有力紙『ル・モンド』はアフリカ大陸がKドラマの熱風を避けられなかったと報道した。

昨年11月、YouTubeチャンネル「Masaka Kids Afrikana」には『イカゲーム』をモチーフにしたダンス映像が公開され大きな関心を集めた経緯がある。

当時、アフリカの子供たちが『イカゲーム』の中の「ムクゲの花が咲きました」の場面を再現しながら踊っていた映像は、ものすごい再生数を記録し国内メディアに大々的に報道されたりもした。

今春にはキム・セジョン、アン・ヒョソプ主演『社内お見合い』とハン・ソヒ主演『マイネーム: 偽りと復讐』がエジプト、ケニア、ナイジェリア、モーリシャスなどで視聴順位10位内に入り関係者を驚かせた。

韓国コンテンツ振興院によると、カメルーン、ナイジェリア、コートジボワール、コンゴをはじめとする国家で『イカゲーム』の劇中の遊びである「ムクゲの花が咲きました」はYouTubeやTikTokを通じて急速に人気を得た。

今は夫婦になったヒョンビンとソン・イェジン主演の『愛の不時着』もNetflixを通じて公開され、現地でヒット作として愛されている。これらの作品は南アフリカで他のNetflixコンテンツより5つ以上高い視聴率を記録し、場所にとらわれないKドラマの成長を証明した。

韓流専門マガジン『KSociety』の記者オペリー・シュルクフは「韓国ドラマの旋風がアフリカに拡張されたことは驚くべきことではない」として「ロマンス中心のシナリオ、扇情性の低い場面、柔らかい照明と溌剌とした色などKドラマのストーリーテリングと視覚的要素は輸出の功臣として作用する」と分析した。

また「通俗的なドラマこそ韓国ドラマの中枢」とし「テレノベラと長編連続ドラマを非常に好むアフリカ国家で高い人気を得ている」と説明した。

残念な点は、Kドラマの人気が依然として特権層に限られていること。貧富の格差が激しいアフリカの場合、主要テレビチャンネルで提供される韓国ドラマは限定的でNetflixへのアクセスも低い。

人種差別的要素も依然として批判の対象となっている。

韓国大衆文化の専門家であるマシュー・バーベギュアは「韓国ドラマがアフリカ市場進出の初期段階にあって出てくる現象」とし「持続的世界化のために差別根絶など進化が必要であり、このような批判もまたそのための鼓舞的信号」と説明した。

一方、2020年12月、コンテンツ振興院が発表した資料によると、国内主要9放送局を対象に韓国フォーマット輸出成果を調査した結果、最近10年間に国内番組フォーマット102個が全世界65か国204件の輸出を達成したと集計された。

2016年以降は不毛の地に他ならなかった米国、英国、フランスなど北米と欧州地域の割合が34%まで増加した。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-07-18 16:30:36