トップ > エンタメ > スターニュース > 「子供の前で引きずられた」元アイドルのインフルエンサーが家庭内暴力主張 夫は反論

「子供の前で引きずられた」元アイドルのインフルエンサーが家庭内暴力主張 夫は反論


  • 「子供の前で引きずられた」元アイドルのインフルエンサーが家庭内暴力主張 夫は反論
  • ソ・サランSNS

ソ・サランが家庭内暴力の被害に遭ったと主張し、あざの写真を公開した。

アイドル出身でインフルエンサーとして活躍するソ・サランが夫イ・ジョンファンから家庭内暴力の被害に遭ったと主張し、あざのできた顔の写真を公開したが、夫はこれを全面的に否定した。

17日、ソ・サランはインスタグラムを通じて「夫が怒りの感情をコントロールできないのは番組を見られた方なら知っているはず。夫に殴られ、暴行された後、今は身を隠している状態」と明らかにした。

ソ・サランは「従業員たちと会食をして遅くに帰宅したという理由で子供を抱っこしている状態なのに顔をゲンコツで攻撃して、倒して踏みつけて、容赦なく殴り、髪を切ると踏みつけた後に、トイレに行って髪を切ってしまった」と、「その過程で子供も怪我をして、子供が見ている前で殺してやると話し、台所から包丁まで持ち出して刺すと追いかけまわすので、かろうじて赤ちゃんだけを抱いて、裸足で出てきた」と主張した。

また「近所の住民の方にお願いだから通報してほしいとお願いしたが、助けてくれなかった」「警察も私の顔がこんな状態なのに、単純な夫婦喧嘩として扱って、陳述書だけ書いて送り返した」と不満を吐露した。

またソ・サランは「夫が携帯電話と財布も奪っていった状態」「警察の方が来る前に夫が切った髪をきれいに掃除していたので証拠がないと、私の主張を信じてくれなかった。夫は以前にも私を暴行した事件があったし、接近禁止命令を受けた歴があり、家庭内暴力事件で数回にわたり通報された履歴がある」と伝えた。

ソ・サランは「夫が私の知人にあることないことを言い広め、離婚は絶対にしないと、家に帰ってきてひざまずいて謝罪しろと今でも脅迫してくる状態」「警察の方まで助けてくれないのでこうして投稿する。私は今、目をうまく開けることができず顔がはれ、髪はずっと抜け続け、片方の耳がよく聞こえないけど少しずつ聴力が戻ってきている状態」と説明した。

しかし、ソ・サランの夫であるイ・ジョンファンは暴行を受けたという主張を否定した。

イ・ジョンファンはソ・サランのSNSにコメントを残し「子供の前で殴ったりしません。片方の主張だけ聞かないでください、大人なら。それと警察、前の世帯の住人、下の世帯の住人たちが、殴られたのなら警察署に通報して連行されたはずでしょう?」とし「午前3時に泥酔して前の世帯や下の世帯で暴れてまた外に出ようとするのを制止していて転倒したものです。午前11時から夜中の2時30分までお酒を飲んで薬を飲んだ人、酒に酔った人を必死に止めてみたことがありますか?」と反論した。

2人は最近、TVINGオリジナル番組『結婚と離婚のあいだ』に出演して葛藤する姿を見せていた。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-09-19 07:48:58