これで7回目…GLAMダヒが提出する反省文にはどんな意図があるのか…


グループGLAMのダヒが再び反省文を提出した。

1日、ソウル中央地方法院によるとダヒはこの日、自筆で作成した反省文を法院に提出した。これは7回目の反省文となり、先月17日、21日、22日、24日、28日、29日に渡って総7回の反省文を提出した。共に拘束起訴されたモデルのイ・ジヨンは去る29日に初めて反省文を提出した。反省文にどのような内容が収められているのかは確認できない。

先立って二人はイ・ビョンホンと酒を飲みながら話しているシーンを携帯電話で撮影し「50億ウォンを与えなければ私生活の動画をインターネットに拡散させる」と脅迫した。これにイ・ビョンホンはすぐに警察に告訴し、二人は恐喝未遂容疑で拘束された。

イ・ビョンホン、ダヒ、イ・ジヨンが係わる2次公判は11月11日午後2時へ開かれる。
  • MBNスター ソン・チョロン記者 / 写真=MBNスターDB | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-11-01 16:15:32