イ・ビョンホンが無言で裁判所に出廷、新たな進展迎えるのか注目


俳優イ・ビョンホンが24日、『50億脅迫事件』と関連した2次公判の証人としてソウル瑞草洞ソウル中央地方裁判所に出廷した。

イ・ビョンホンは9月にガールグループGLAMのメンバーであるダヒとモデルのイ・ジヨンにわいせつな話をしている動画を口実に50億ウォンの要求を受けて警察に通報した。検察はダヒとイ・ジヨンを暴力行為など処罰に冠する法律違反(共同恐喝)容疑で拘束起訴した。去る10月に開かされた最初の公判に欠席したイ・ビョンホンは検察から今回の公判の承認として指名されていた。

イ・ビョンホンが証人席に立つことによって事件が新しい局面を迎えるのかに視線が集まっている。
  • MBNスター(ソウル)=チョン・ジョンファン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-11-24 13:59:15