トップ > エンタメ > スターニュース > イ・ミンホの所属事務所が中国と手を取り韓中女性デュオを結成

イ・ミンホの所属事務所が中国と手を取り韓中女性デュオを結成


  • イ・ミンホの所属事務所が中国と手を取り韓中女性デュオを結成
俳優イ・ミンホの所属事務所スターハウスエンターテイメント(以下、スターハウス)が中国上海メディアグループ(以下、SMG)と手を取り、韓中合作デュエット『スマイルガールズ』を誕生させた。

スターハウス関係者は17日、「両社はこの先、緊密な協力関係を通じて発展的な友好戦略を推進する計画」だとし、「その最初のプロジェクトとしてスマイルガールズを結成した」と明かした。

スマイルガールズは韓国の新鋭歌手ユ・ヘインと中国のチョンチウホンで構成された女性デュエット。韓国と中国の女性歌手がデュエットを作った最初の事例だ。特に、デビュー舞台が中国最高の人気プログラムである東方衛星TV『春節晚会』(以下、春晩)という点で関心を集めている。

19日の春節(中国のソルラル)に合わせて放送される『春晩』は中国でも大人気のプログラムだ。毎年数億人の視聴者が楽しむこのプログラムは人気スターも出演することが難しい舞台だ。デビューしたばかりの20代前半の新人歌手が出演することは破格のことだと言える。

ユ・ヘインは公開予定作である映画『夏に降る雪』にて俳優ソ・ガンジュンと恋人として出演するなど女優を兼ねた歌手として活動中だ。チョンチウホンは中国の歌謡コンテストである『チャイナアイドル シーズン2』に出演して全国4強まで進出した。その後SMGグループと契約してユ・ヘインと共にガールズグループとしてデビューすることになった。

一方、この日の放送には韓国に人気グループBIGBANGとアメリカの伝説的ポップスター、マイケル・ボルトンも登場するものと伝えられた。
  • スタートゥデイ チン・ヒョンチョル記者
  • 入力 2015-02-17 10:38:13