トップ > エンタメ > TV・映画 > イ・ソンミン-ジュノ-イ・ギウなどが参加した「記憶」台本リーディング現場公開

イ・ソンミン-ジュノ-イ・ギウなどが参加した「記憶」台本リーディング現場公開

tvN金土ドラマ「記憶」 

  • イ・ソンミン-ジュノ-イ・ギウなどが参加した「記憶」台本リーディング現場公開
来年上半期の期待作として注目されるtvN金土ドラマ『記憶』の台本リーディング現場が公開された。

15日、CJ E&Mセンター大会議室ではドラマ『記憶』の台本リーディングが進行された。この日の台本リーディングには主人公イ・ソンミン、キム・ジス、パク・ジニ、イ・ジュノ(2PM)、イ・ギウ、ユン・ソヒをはじめとしてパン・ヒョジョン、チャン・グァン、むん・すく、チョン・ノミン、ソン・ソンミなどのベテラン俳優たちも共にして重みを加えた。

  • イ・ソンミン-ジュノ-イ・ギウなどが参加した「記憶」台本リーディング現場公開
本格的なリーディングに先立ち、演出を担うパク・チャンホン監督は「この場に本当に素晴らしい俳優たちが集まった。誰かを通じて輝くというよりも、俳優自ら輝くスターとなることを願う。俳優も各自自身の人生をしっかりと生きることを願う」と挨拶の言葉を伝え、「ドラマ『記憶』を思い浮かべた時に温もりが伝えられれば嬉しい」と期待を見せた。

パク・チャンホン監督の重厚な挨拶の言葉通り、台本リーディング現場に入る俳優たちの姿は真剣でありながらも熱意に満ちていた。カメラが回っているような、実際の撮影のように演技する俳優たちの姿は鳥肌が立つほどに強烈だった。

アルツハイマーにかかった弁護士パク・テソクに扮するイ・ソンミンは『ミセン-未生』のときとはまた違う演技のカラーで雰囲気を圧倒した。久しぶりにブラウン管復帰するキム・ジスとパク・ジニもやはり作品への没頭度を高める演技で感嘆を誘った。私たちの人生と似てより共感されより胸をえぐるような感動を伝えるドラマらしく、台本リーディング現場も熱気に溢れていたという。

温かくも響く感動を伝える『記憶』は3月にtvNにて放送される。
  • MBNスターユ・ジヘ記者 / 写真提供=CJ E&M | (C) mk.co.kr
  • 入力 2015-12-17 17:46:22