カン・ハヌル、ホン・ジョンヒョン、ベクヒョン「歩歩驚心:麗」に

「歩歩驚心:麗」 

『歩歩驚心:麗』に、カン・ハヌル、ホン・ジョンヒョン、ベクヒョン、ナム・ジュヒョク、ジスが合流して、ナンバーワン「花皇子軍団」を結成した。

100%の事前制作で、今年の下半期放送予定のファンタジーロマンチック時代劇『歩歩驚心:麗』側は5日、「カン・ハヌル、ホン・ジョンヒョン、ベクヒョン、ナム・ジュヒョク、ジスがイ・ジュンギと一緒に高麗太祖王健の息子である皇子たちにキャスティングされた」と明らかにした。

『歩歩驚心:麗』は、韓国では初めて中国の小説を原作に制作されたドラマで、視聴者のそれぞれの好みを狙撃する様々なキャラクターと最強のビジュアルを誇る花皇子たちの登場が予告されており、大きな関心を集めている。

まず、カン・ハヌルは「高麗版の脳セク男(脳がセクシーな男性、主観がはっきりしているスマートな男性のこと)」に変身する予定だ。彼が引き受けた8皇子ワン・ウクは4皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ)と同じ年に生まれたが、母親が違う高麗太祖王健の第八皇子で、文武を兼ね備えて「皇帝の夢」を持って生きていく人物。これにより、カン・ハヌルは完璧な男性の魅力を漂わせる予定で、期待感を高めている。

特にカン・ハヌルは『未生』、『相続者たち』などの様々なドラマや『二十歳』、『純粋の時代』、『セシボン』などの映画に出演して、各作品ごとに異なる​​魅力を発散し、見る人の視線を捕らえてきていた。このことから、彼がまたどのような魅力で視聴者たちの注目を引き付けるのかに関心が集中している。

これと共にホン・ジョンヒョンは3皇子ワン・ヨ役を引き受けてイメージ変身を予告した。ワン・ヨは早くから母である皇后ユ氏によって「皇帝」として育てられ、形勢をよく読む賢さと、自信とは違う傲慢さで欲望を育てていく高麗版の野心男。何よりも、ホン・ジョンヒョンは、ドラマ『ママ』のほか、さまざまな作品に出演して演技力もしっかりと積み重ねてきたため、彼が見せる新たな高みに関心が集まっている。

また、初めて静劇の演技に挑戦するグループEXOのベクヒョンの合流も期待感を高める。彼は遊ぶことが好きな天性を持ち、生涯「中二病」を患っている10皇子のワン・ウン役を演じ、少年王子の姿を見せる予定だと伝えられ、どのようなかわいい姿で女心をときめかせるのかに期待が集まっている。

それだけでなく、並みならぬスタイルとルックスで「ワナビー彼氏」界の新興強者に浮上したナム・ジュヒョクとジスが合流して、ドラマにエネルギーを加える予定だ。ナム・ジュヒョクは飾らなくても気品と優雅さがにじみ出る風流男、13皇子ワン・ウク役を、ジスは一度はまると抜け出せないブラックホールのような魅力を持つ14皇子ワン・ジョン役を引き受けて、面白みをプラスする予定だ。

また、先立って高麗太祖王健の第四皇子であるワン・ソ役にイ・ジュンギがキャスティングされており、熱い関心を集めていたため、イ・ジュンギと「花皇子軍団」カン・ハヌル、ホン・ジョンヒョン、ベクヒョン、ナム・ジュヒョク、ジスが出会ってどのような姿を見せるのかにも期待感が高まっている状況だ。

このように『歩歩驚心:麗』は、イ・ジュンギを筆頭に女心を正面から狙撃する最強「ビジュアルドリームチーム」カン・ハヌル、ホン・ジョンヒョン、ベクヒョン、ナム・ジュヒョク、ジスが出演して、お茶の間を一層明るくする予定だ。

『歩歩驚心:麗』側は「カン・ハヌル、ホン・ジョンヒョン、ベクヒョン、ナム・ジュヒョク、ジスは、それぞれ多彩な魅力を持つ皇子役を引き受けて、弾ける魅力で女心を熱くする予定」とし「5人とも自分のキャラクターを完全に消化するために努力に努力を重ねる予定であるため、『歩歩驚心:麗』に多くの期待と関心お願いする」と伝えた。

一方、イ・ジュンギとアイユー(IU)を主人公にキャスティングして、本格的なスタートを発表したファンタジーロマンチック時代劇『歩歩驚心:麗』は、100%の事前制作で、今年下半期の放送編成を議論中だ。
  • MBNスター ユ・ジヘ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-01-05 10:29:42