ソ・イングク-マ・ドンソク「38師機動隊」対照的なスチールカット公開


OCN週末ドラマ『38師機動隊』の撮影風景が公開された。

4日、『38師機動隊』の制作陣は撮影現場の風景が収められた写真を公開した。

この日公開された写真の中では相反する魅力を見せるソ・イングクとマ・ドンソクの姿が視線を集める。脳がセクシーな詐欺師ヤン・ジョンド役を演じるソ・イングクは強烈ながらも鋭い眼差しを見せる一方で、税金徴収公務員ペク・ソンイル役を演じるマ・ドンソクはどこか親近感のある姿を見せている。

マ・ドンソクとソ・イングクは初撮影とは思えないほどにキャラクターに100%没頭したような姿で制作陣を驚かせたという。

それだけでなく、この日ソ・イングクとマ・ドンソクが着用している衣装にも注目が集まる。ソ・イングクは詐欺師という犯罪者のキャラクターに合った囚人服を着用して刑務所に登場し、マ・ドンソクはどこででも見かけるような中年男性の服装で韓国の平凡な家長であり公務員ペク・ソンイルを表現した。果たして全く接点が無いように見える二人がどのようなきっかけで心を合わせることになるのか、また今後どのようなストーリーが展開するのか関心が高まる。

『38師機動隊』は税金徴収公務員と詐欺師が心を合わせ、簡単に富を築き常習的に脱税を犯す悪徳滞納者から税金を徴収するストーリーを描く。『38師機動隊』は納税の義務を規定した憲法38条から由来した税金徴収チーム「38機動隊」を変形させた言葉で、「詐欺」という方法で税金を最後まで徴収するチームを指す。魅力的な詐欺君ヤン・ジョンドともどかしい現実に苛まれる税金徴収公務員ペク・ソンイルが高額税金滞納者から高度な詐欺で税金を徴収する過程を描く予定だ。
  • MBNスター クム・ピッナ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-04-06 15:25:40