トップ > エンタメ > TV・映画 > 「記憶」イ・ソンミンがアラーム見た2PMジュノを慌てて追い出す

「記憶」イ・ソンミンがアラーム見た2PMジュノを慌てて追い出す

「記憶」7話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「記憶」イ・ソンミンがアラーム見た2PMジュノを慌てて追い出す
イ・ソンミンがアラーム設定を疑問に感じたイ・ジュノに慌てた。

8日放送されたケーブルチャンネルtvN金土ドラマ『記憶』では、パク・テソク(イ・ソンミン扮)は奉仕弁論を指示された女子高生スジをチョン・ジン(イ・ジュノ扮)が担当するように話した。

スジは自分よりもチョン・ジンを信頼しており、チョン・ジンも奉仕弁論時間を満たす必要があると話した。続けてパク・テソクは「俺がセカンドをするからお前がファーストをしろ」と伝えた。

それを聞いたチョン・ジンは驚いた表情をし、「嫌なのか」と尋ねるパク・テソクに「そうではなく、」と話した瞬間にパク・テソクの携帯のアラームが鳴り響いた。

チョン・ジンが不思議がっているとパク・テソクは慌てたように「アラームはアラームだ」と声をあげて急いでチョン・ジンを部屋から追い出した。
  • O2CNI / 写真=tvN放送画面キャプチャー
  • 入力 2016-04-09 08:30:00