トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「家和萬事成」キム・ソヨン、ソ・イスクを相手に1勝…爽快!

「家和萬事成」キム・ソヨン、ソ・イスクを相手に1勝…爽快!


  • 「家和萬事成」キム・ソヨン、ソ・イスクを相手に1勝…爽快!
『家和萬事成』の悪徳姑ソ・イスクが髪の毛を掴まれ、キム・ソヨンが謎の1勝を収めた姿がキャッチされた。

MBC週末ドラマ『家和萬事成』側は、ソ・イスクがある高齢女性に髪の毛をつかまれて慌てているスチールカットを公開した。

公開された写真では姑のチャン・ギョンオク(ソ・イスク扮)が人々に囲まれて、高齢女性に髪の毛を掴まれている。これは、老人ホームのおばあさんがポン・ヘリョン(キム・ソヨン扮)を苦しめるチャン・ギョンオクを発見して、厳しく非難する場面だ。おばあさんは興奮した状態でチャン・ギョンオクの後頭部を掴んだまま揺らしている。これにチャン・ギョンオクは慌て、歪んだ顔で痛みを訴えている。

そんな中、ポン・ヘリョンは驚いたウサギのような表情で走ってきて止めに入っている。ポン・ヘリョンも予想できなかった状況に慌てた様子を隠せずにいるが、チャン・ギョンオクが髪の毛を掴まれている姿は理由を問わず、見る人に痛快さをプレゼントする。

一方、髪の毛を掴まれたチャン・ギョンオクの隣でピースサインをして明るく笑っているキム・ソヨンの姿が視線をひきつける。これは去る26日、高陽市の老人ホームで撮影されたシーンのビハインドカットで、イ・ドンユンPDのカットサインが落ちるとすぐにキム・ソヨンがピースサインを見せたものだ。これは、姑に爽快な一発をプレゼントしたという喜びをポーズで表現しようとしたものだ。キム・ソヨンのかわいい行動に、現場はしばらく笑いが止まらなかったという裏話だ。

『家和萬事成』の制作陣側は「家族のために生きて、いざ自分について省みることのなかったポン・ヘリョンという女性が自分の幸せを見つけるために一人立ちする。離婚宣言をした後、​​家を出てきたポン・ヘリョンをはじめとし、今後、ポン家の女性が見せてくれる力強い反撃に多くの応援と期待お願いする」と伝えた。

一方、『家和萬事成』は、チャイナタウン最大の中華レストランを背景に繰り広げられるポン一家のドタバタ騒動と、これを解決しながら、お互いを理解することになるポン家の成長を描く。毎週土曜日、日曜日の午後8時45分に放送される。
  • オンラインイシューチーム
  • 入力 2016-04-29 14:45:48