「魔女宝鑑」クァク・シヤンの黒呪術をイ・ソンジェがすべて吸収

「魔女宝鑑」19話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。
『魔女宝鑑』にてイ・ソンジェがクァク・シヤンに残った黒呪術をすべて吸収し、再び立ち上がった。

15日放送されたJTBC金土ドラマ『魔女宝鑑』ではチェ・ヒョンソ(イ・ソンジェ扮)が息子プンヨン(クァク・シヤン扮)に残った黒呪術をすべて吸い込み、再び体を起こして息子に申し訳なさと感謝の気持ちを伝えた。

プンヨンはホンジュ(ヨム・ジョンア扮)のもとからチェ・ヒョンソを連れ出して家に戻った。プンヨンはチェ・ヒョンソの隣に座り、「あなたが私と母を捨て、一生守ってきた信念の対価がこれですか」と嗚咽した。

続けて「なぜ話してくれなかったのですか。なぜ私を信じてくださらなかったのですか。助けてくれと、言ってくれれば」と話した。

チェ・ヒョンソに話しかけていく中、いつしか胸の痛みを感じチェ・ヒョンソは彼の手を握り、その場に立ち上がり彼の黒呪術をすべて吸収し、プンヨンの黒い気運を吸い込んだ。

その後彼は「すまない、息子よ。私がお前にしてやれることはこれしかない」と話した後、ホンジュのもとに向かった。
  • シックニュース チョ・ヘジン記者 / 写真=JTBC放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-07-15 21:08:00