トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「歩歩驚心」ロマンス溢れる2次ティーザー公開

「歩歩驚心」ロマンス溢れる2次ティーザー公開


  • 「歩歩驚心」ロマンス溢れる2次ティーザー公開
SBS新月火ドラマ『月の恋人-歩歩驚心:麗』(日本題『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち』:以下、『月の恋人』)側は二番目のティーザー「ヘス、お前を私の人と呼ぼうか」編を公開した。

1次ティーザーが圧倒的な映像美で視線を集めた一方、2次ティーザーは感性で満たされた。「高麗?一体太祖の息子は何人なのよ」と驚くヘスの声とともに、活気に満ちた声の中で騎馬戦を行ったり、共に入浴を楽しむ仲の良い友愛を見せる8人の皇子たちの天真ながらものどかな雰囲気で始まる今回の映像は、4皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ扮)-ヘス(IU扮)-8皇子ワン・ウク(カン・ハヌル扮)間の火花散るロマンスにフォーカスが当たっている。

高麗時代にタイムスリップした21世紀少女ヘスの気が強くも溌剌な魅力に「お前は違うようだ」と絶えず魅了されていくワン・ウクの深い眼差しと、「会いたかった。私は絶対にお前を離さない」とストレートな言葉を伝えるワン・ソは皇宮にて繰り広げられる彼ら3人のロマンスを予感させる。

ここに鋭い眼差しで瞬間瞬間に野望を見せる3皇子ワン・ヨ(ホン・ジョンヒョン扮)、茶目っ気溢れる動きで愉快な雰囲気を作り出す10皇子ワン・ウン(ベクヒョン扮)、優し気な目でヘスをじっと見つめる13皇子ワン・ウク(ナム・ジュヒョク扮)、ヘスに好感溢れる視線を送る14皇子ワン・ジョン(ジス扮)の姿も収められている。

『月の恋人』は高麗太祖以降、皇権争いの中心に立つことになる皇子たちと、皆既日食の日に高麗の少女ヘスの体に魂が入り込んでしまう現代女性コ・ハジンが描き出す愛と友情、信義を扱うドラマだ。
  • スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2016-08-15 11:00:05