トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「歩歩驚心」イ・ジュンギ-IU-カン・ハヌルの隠密な出会い

「歩歩驚心」イ・ジュンギ-IU-カン・ハヌルの隠密な出会い

「月の恋人-歩歩驚心:麗」3話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「歩歩驚心」イ・ジュンギ-IU-カン・ハヌルの隠密な出会い
『つきの恋人』IU、イ・ジュンギ、カン・ハヌルが各自の理由により隠密な会合を行った。

30日放送されたSBS月火ドラマ『月の恋人-歩歩驚心:麗』ではワン・ウク(カン・ハヌル扮)、ヘス(IU扮)、ワン・ソ(イ・ジュンギ扮)が各自の理由を胸に抱き、一夜の隠密な会合を行った。昨夜に起こったワン・ム(キム・サンホ扮)を殺そうとした事件のためだ。

ワン・ソは首に傷を負いながら寝所に入ろうとするヘスを呼び起こし「お前」という簡潔な一言で圧迫を与えた。これにヘスは「その仮面と同じものをつけて同じ服を着た人々を全員後ろから刺し殺した。本当です。それ以上は思い出せない」とワン・ソを怖がった。

先立ってワン・ソがヘスを殺そうとし、殺そうとしたためにヘスが恐怖を抱いたためだ。しかしワン・ソは変わらず目に力を込めてヘスに近づき「もっと思い出せ。もっと」と話すが、ヘスは「毛。毛皮を着ていました。その人が一番偉い人のようでした」と打ち明けた。

これを聞いたワン・ソとワン・ウクは同時にワン・ヨ(ホン・ジョンヒョン扮)を思い浮かべて視線を合わせた。続けてワン・ソは「お前以外にこの話をした者が他にいるか」とヘスに尋ね、「私を苦しめる人は皇子以外にいません」と他に話した人間はいないと答えた。

これにワン・ウクもまた「この事実をお前が知っているということを誰にも話さないほうが良さそうだ」とし「それがお前の安全の役に立つ」と話してヘスを寝所に連れて行った。

その後ワン・ウクは自身がはじめて人を殺した当時のことをヘスに打ち明け、二人の間に奇妙な気流が流れ今後のラブラインを期待させた。
  • シックニュース チョ・ヘジン記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-08-30 22:31:00