トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「歩歩驚心」4話予告 カン・ハヌル、黒馬に乗った救世主の皇子様に変身

「歩歩驚心」4話予告 カン・ハヌル、黒馬に乗った救世主の皇子様に変身

「月の恋人-歩歩驚心:麗」4話 

  • 「歩歩驚心」4話予告 カン・ハヌル、黒馬に乗った救世主の皇子様に変身
『月の恋人』でカン・ハヌルが馬に乗った「救世主の皇子様」に変身する。

SBS月火ドラマ『月の恋人-歩歩驚心:麗』(日本題『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち』)側は、今日(5日)の4話の放送に先立って、森の​​中で第8皇子のワン・ウク(カン・ハヌル扮)が危機に陥ったヘス(イ・ジウン扮)を発見して、暴れ者たちと対峙する姿が描かれたスチールカットを公開した。

先立って3話まで、第8皇子ワン・ウクは高麗にタイムスリップして混乱しているヘスに手を差し伸べる一方、一日にして変わったヘスに少しずつ視線を向ける自分の姿を発見する場面が描かれた。

そんな中、この日のスチールカットでは、危機に直面したヘスを救うために危険をいとわないワン・ウクの姿が公開された。

制作陣によるとこのシーンは今日放送される4話で、暴れ者たちにより危機に瀕している第14皇​​子ワン・ジョン(ジス扮)を救うためにヘスが周辺にある木の枝を持って一緒に対抗する姿が収められている。

2人が自分たちよりもはるかに多い敵により命の危険に晒された瞬間、第8皇子のワン・ウクが馬に乗って走ってきて、危機の瞬間を脱するために身を投じる姿が描かれる予定だ。

何よりも、スチールカットの中で馬に乗った第8皇子のワン・ウクは善良な目つきと穏やかな性格の、文字通りおとぎ話の中に出てきそうな「王子様」のイメージで視線を集めている。また、馬から降りてきた彼は額に汗を浮かべており緊張感を感じさせ、ヘスとワン・ジョンを保護するために強烈な目つきを見せている。

これまで、柔らかさと穏やかな魅力、「ロマンチックな目つき」で女心を奪ってきた第8皇子ワン・ウクは公開されたスチールカットの中の事件をはじめとして、4話で様々な出来事により、自分の内面の欲望を覗くきっかけを持つというのが制作陣の説明だ。

果たして第8皇子ワン・ウクは無事にヘスを救い出すことができるのか、彼がこの事件により、どのような心境の変化を迎えることになるかは、今日放送される『月の恋人-歩歩驚心:麗』の4話で確認することができる。

『月の恋人-歩歩驚心:麗』は、今日(5日)夜10時に4話が放送される。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2016-09-05 08:13:20