トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「歩歩驚心」イ・ジュンギ-カン・ハヌルがそれぞれの魅力で女心狙い撃ち

「歩歩驚心」イ・ジュンギ-カン・ハヌルがそれぞれの魅力で女心狙い撃ち

「月の恋人-歩歩驚心:麗」6話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「歩歩驚心」イ・ジュンギ-カン・ハヌルがそれぞれの魅力で女心狙い撃ち
『月の恋人』イ・ジュンギとカン・ハヌルがそれぞれ違う魅力で女心を魅了している。

12日放送されたSBS月火ドラマ『月の恋人-歩歩驚心:麗』(日本題『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち』:以下、『月の恋人』)ではヘス(IU扮)がヘ氏一族の政略結婚の被害者となる姿とともに、これを可愛そうに思った4皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ扮)と8皇子ワン・ウク(カン・ハヌル扮)をはじめとした皇子たちの連合作戦が繰り広げられた。

先立ってツンデレな姿で視線を集めたワン・ソは、ヘスの運命を可愛そうだと思いながらも、ヘ氏一族のことであるという点から、これに自分が関与する資格はないと話した。しかし皇子たちの連合作戦の中で一番重要な役割を担い、ヘスを自分の馬に乗せて逃亡を助けた。

しかし彼らの前に司天供奉チェ・ジモン(キム・ソンギュン扮)が現れてヘスの婚姻相手が皇帝だという事実が明らかになる。軍師たちはヘスを捕まえようとしたそのとき、ワン・ソは命が危険に晒される可能性もあるこの状況で危険を顧みずに彼女を守って視線を集めた。

何よりもワン・ソはヘスの意見を聞き、彼女の選択により皇宮に向かった後にも、ヘ氏一族の不正を引き出しすなどの反転を見せた。ワン・ソのこのような姿は命をかけて守るものは守るという意志と信念が表現された迫力溢れる姿で見る人々をときめかせた。

8皇子ワン・ウクはゆっくりとしているが、柔らかな作法で女心を狙う。ヘスの婚姻の知らせに一番最初に接した後、悩みに陥った彼はヘスを安心させ皇子たちと共に彼女を助けようと決意した。

しかし皇帝との婚姻という点から、彼もまた容易に行動することができず、ついに父である皇帝の前で膝をついてヘスとの結婚をやめるように願って視線を集めた。

ヘスが自ら体に傷をつけて皇帝との婚姻をもみ消そうとした状況を直接目撃した彼は、切ない思いで彼女を抱きしめて見る人の胸を締め付けた。

ヘスに向かう気持ちを表すためにイラストが入った手紙を伝え、それを真似て恥ずかしがる姿はのんびりとしているが、本心を表そうとし始めた彼が、今後どのような甘い雰囲気を形成するのか関心が高まっている。
  • MBNオンラインイシューチーム / 写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-09-13 11:00:14