ヒョンビン-ユ・ジテが出会った…映画「クン」台本リーディングの様子は


ヒョンビンがユ・ジテ、ナナとついに出会った。映画『クン』シナリオリーディング現場での話だ。

ヒョンビン、ユ・ジテ、パク・ソンウン、ナナなど華やかなキャスティングで期待を集めている『クン』は、クランクインに先立って今月26日、シナリオリーディングおよび撮影の無事を祈る告祀が行われた。

ヒョンビンは『王の涙』にて見せた重く権威のあるキャラクターとは違い、知能型詐欺師ファン・チソンに変身し、鋭利でスタイリッシュなキャラクターを披露する予定だ。

ユ・ジテは稀代の詐欺師を捕まえるためにファン・チソンと手を組む大検察庁特殊部検事パク・ヒスに扮し、『グッド・ワイフ』を超える、また別のカリスマ検事キャラクターを誕生させるものと期待を集める。

スクリーンとブラウン管を行き来して数多くの作品に出演してきた二人であるが、『クン』を通じて初共演するだけに、どのようなケミが繰り広げられるか期待を集めている。

ヒョンビン、ユ・ジテの他にも大勢俳優たちが加勢した。まず稀代の詐欺師を捕まえるファン・チソンとパク・ヒスを助けるトリプル詐欺団にはペ・ソンウ、ナナ、アン・セハがキャスティングされた。

シナリオリーディングを終えたチャン・チャンウォン監督は「リーディングだけでも十分なエネルギーが感じられた。とても軽快で痛快な映画が出来上がりそうな予感がする」と伝えた。

ヒョンビンは「はじめての出会いだが、呼吸がしっかり合い気分が良い。終わるまでこの気持ち、この気分で撮影を熱心にし無事に終わることができるよう努力する」と撮影に入る覚悟を明かし、ユ・ジテもまた『クン』の俳優たちとの愉快な呼吸に「良い雰囲気なだけに面白い映画が誕生するのではないかと期待している。一緒に良い作品を作ることができるよう最善を尽くす」と明かした。

一方『クン』は韓国を大騒がせさせて消えた稀代の詐欺師を捕まえるために、詐欺師を捕まえる詐欺師とエリート検事が巻き起こす内容を描く。来月1日にクランクインし、3ヶ月間の撮影旅程を開始させる。
  • MBNオンラインイシューチーム | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-09-30 13:34:12