「歩歩驚心」イ・ジュンギ-IU-カン・ハヌルが強制離別

「月の恋人-歩歩驚心:麗」 

『月の恋人』イ・ジュンギ、IU、カン・ハヌルの強制離別が予告された。

イ・ジュンギの後ろ姿をおぼろげに見つめるIUが、皇宮から荷物をまとめてどこかに向かう姿がキャッチされ、IUが去った痕跡を見つめて涙するカン・ハヌルの姿まで公開された。皇権争いの渦に巻き込まれた三人の運命がどのように流れるのか、関心が最高潮に高まっている。

1日、SBS月火ドラマ『月の恋人 - 歩歩驚心:麗』(日本題「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち」、以下『月の恋人』)側は来る3、4日放送される12、13話に先立って、作品中4皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ扮)とヘ・ス(IU扮)、8皇子ワン・ウク(カン・ハヌル扮)の切なさ溢れるスチールカットを公開した。

公開されたスチールカットの中には、ヘ・スが自身を真っ直ぐに見守ってくれた4皇子ワン・ソの後ろ姿をはかなげに見つめると同時に、司天供奉チェ・ジモン(キム・ソンギュン扮)が見守る中で皇宮を離れる姿が公開されて関心を引き上げている。

制作陣によると、太祖ワン・ゴン(チョ・ミンギ扮)は4皇子ワン・ソに重大な任務を任せて皇宮を離れさせた後、ヘ・スを皇子たちが探すことのできない場所に向かわせる皇命を下し、彼らを強制で別れさせた。

公開された写真は皇帝の命を受けて皇宮を離れることになった4皇子ワン・ソがヘ・スに自分の不在を知らせ、遠い場所に向かう姿を収めたもの。皇帝の考えを知るはずのないワン・ソはヘ・スと縁を築いてきた皇宮内の同志の湖でヘ・スと会った後、寂しさを背にして歩みを進める姿で、それを見つめるヘ・スのおぼろげな姿が視線を引く。

そんな中、傷が完治していないヘ・スは荷物をまとめて誰にも知られないよう皇宮を離れ、それを贈れて知った8皇子ワン・ウクはヘ・スの部屋を訪れて溢れる感情を抑えることができないまま、ヘ・スの名前を呼んで涙するというのが制作陣の説明。涙の中でワン・ウクの悔恨の感情までしっかり感じさせるスチールが視線を奪う。

中でも三人の強制離別が予告されたことで、彼らの今後の運命がどのように流れるのか関心を高めている状況。制作陣によると来る3、4日放送される12、13話にて消えたヘ・スを懸けて愛のライバル関係にあった同い年のワン・ソとワン・ウクは「皇権争い」の鍵を持つ二大山脈として急浮上し、緊張感と危機感の中で鋭い対立を続け、血に染まる皇宮の物語を書き記す予定だ。
  • スタートゥデイ イシューチーム / 写真=SBS提供
  • 入力 2016-10-01 15:51:23