トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「空港に行く道」イ・サンユン-キム・ハヌルの歴代級ケミ

「空港に行く道」イ・サンユン-キム・ハヌルの歴代級ケミ


  • 「空港に行く道」イ・サンユン-キム・ハヌルの歴代級ケミ
『空港に行く道』キム・ハヌルとイ・サンユンのケミに魅了される。

KBS2水木ドラマ『空港に行く道』が自己最高視聴率を更新した。繊細で豊かな感性、小さなことひとつも逃さない演出、俳優たちの深みある表現力など三拍子がぴったり揃った「ウェルメイド感性ロマンス」という好評を受けている。

このような好評の中心には作品をリードするキム・ハヌル(チェ・スア役)とイ・サンユン(ソ・ドウ役)がいる。作品の中でチェ・スアとソ・ドウの感情と関係が深まるほどに、視聴者の没頭度もまた急上昇する。すでに「傘シーン」にて刹那の接触だけでも狂うほどのケミを誇った二人であるだけに、今後二人が見せてくれるケミがどれほど強力で切ないものか、期待を高めている。

そんな中で10日、『空港に行く道』制作陣がキム・ハヌルとイ・サンユンの未公開カップルスチールショットを公開し、熱血視聴者の胸を高鳴らせた。

まず公開された写真は去る3話にてチェ・スアがソ・ドウの作業室を訪れた当時を収めたものだ。当時チェ・スアは「どこか慣れない都市で3、40分ほど歩き、どこからか吹く微風に複雑な思いがすっと消えて再び力が出る、そんな3、40分のようだ。ドウさんを見ていると」と打ち明けた。チェ・スアの言葉に、ソ・ドウは「生涯最高の褒め言葉」だと温かく向かい合った。

キム・ハヌルとイ・サンユン、どちらも最も記憶に残る台詞としてこの場面を挙げた。暗い作業室、向かい合って互いを見つめる二人の眼差しがはかなくもギリギリな二人の感情を見せている。見つめるだけでも心臓が高鳴るほどで、キム・ハヌルとイ・サンユンのケミは強烈で特別だ。

また別の写真は5話エンディング場面が収められている。5話エンディングでチェ・スアは古家にてソ・ドウと対面した。「三無し」の関係となることを決意した直後。そのとき誰かがソ・ドウを呼び声が聞こえ、チェ・スアは自分も気づかぬうちにソ・ドウの手首を点かんで逃げようとした。逃げねばならない理由は分からないが、ソ・ドウはチェ・スアの手を強く握って走った。

明るい日差しの中で手を繋いで古家の裏庭を走る二人の姿は、小さな笑顔を誘発した。写真の中の困惑したチェ・スアが可愛らしい雰囲気、そんなチェ・スアに向かうソ・ドウの笑顔がときめきを披露する。中でも6話にてソ・ドウの母コ・ウンヒ(イェ・スジョン扮)の死、死の直前にコ・ウンヒのそばを通り過ぎたチェ・スアなど、悲しい縁が描かれてこの場面の感性は視聴者により眩しく感じさせた。

作品の中で二人の男女の縁が深まるほどに、彼らの物語がどれだけ視聴者の心を揺さぶるのか、キム・ハヌルとイ・サンユン二人が見せるケミはどれほど特別なものか期待が高まっている。
  • スタートゥデイ イシューチーム
  • 入力 2016-10-10 16:28:36