「ショッピング王ルイ」13話あらすじ ソ・イングクが「3段キス」でプロポーズ

「ショッピング王ルイ」13話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

ソ・イングクが「3段キス」のプロポーズで歴代級のロマンチストとなった。

去る3日に放送されたMBC水木ドラマ『ショッピング王ルイ』では、ソ・イングクのプロポーズが女心を爆撃した。この日の放送でルイ(ソ・イングク扮)はコ・ボクシル(ナム・ジヒョン扮)の屋根部屋の食卓に指輪を用意して、サプライズでプロポーズをした。素朴でありながら日常的なプロポーズだったが、2人だけのエピソードは格別だった。

コ・ボクシルとデート中に買うことができなかった指輪を覚えておいて、プレゼントしたもの。感動的でロマンチックなプロポーズにソ・イングクの3段キスが加わり、より大きなときめきをもたらした。ソ・イングクは、手、唇、額につながる3段キスを純粋ながらも切なく表現して真心を伝え、ルイの愛を描いた。

プロポーズ直後には、コ・ボクシルの手を大切に扱い慎重にキスをして、コ・ボクシルと別れていた当時も密かに見守ってきたことを告白した。再会のキスをするときには純粋で美しいキスを交わした。続いて最後には、ルイとして一層成長した男の雰囲気を醸し出しながら額へのキスで仕上げた。最初から最後まで、甘くロマンチックな3段キスで見る人さえも恋をしたくなる、暖かいロマンスを完成させた。

ソ・イングクは、ルイのプロポーズを慎重で淡々と表現した。突然と言うよりはより自然で、いつものようにコ・ボクシルだけを見つめ、万回の愛を唄う男らしい感情表現で感動はさらに高まった。一方、キスシーンでは、保護本能を刺激していたルイはなく、コ・ボクシルを守る頼もしい男に成長した姿で、視聴者を再び魅了した。


  • スタートゥデイ イシューチーム
  • 入力 2016-11-04 10:44:46