「ショッピング王ルイ」最終回① 最後まで温かい「大人の童話」

「ショッピング王ルイ」16話(最終回) 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

MBC水木ドラマ『ショッピング王ルイ』が大人のための一冊の童話のように暖かい話で最終回を満たし、視聴者と別れた。

10日午後に連続放送されたMBC水木ドラマ『ショッピング王ルイ』15話と16話では、ルイ(ソ・イングク扮)とコ・ボクシル(ナム・ジヒョン扮)、そして彼らの周りの人々が各自の方法で幸せを見つける姿が描かれた。

この日、コ・ボクシルは自分をペク・マリ(イム・セミ扮)と勘違いしたク室長に拉致され、ルイとチャ・ジュンウォン(ユン・サンヒョン扮)をはじめとする会社の人たちは、コ・ボクシルを見つけるためにあちこちに飛び回った。ナム・ジュンヒョク(カン・ジソブ扮)は、監視カメラの映像を介してコ・ボクシルが拉致されたことを知ることになり、ルイは自分を狙って彼女を拉致したと考えてショックを受ける。

しかし、ク室長は急いで車を走らせて事故を起こし、この事故によりク室長とコ・ボクシルは病院に運ばれた。幸いなことに、ルイとコ・ボクシルは再会し、この事件をきっかけにペク・ソング(キム・ギュチョル扮)がク室長にルイにケガを負わせるように請託したことが明らかになった。ペク・ソングはルイにひざまずいて許しを請い、自首して罪の代価を払った。

そんな中、チェ・イルスン(キム・ヨンオク扮)はこの世を去り、しばらくして、まるでチェ・イルスンが残した贈り物のようにキム・ホジュン(オム・ヒョソプ扮)と恋人のホ・ジョンラン(キム・ソニョン扮)が妊娠をした。オードリー(ユン・ユソン扮)、ヴィヴィアン(キム・ボヨン扮)、クレオパトラ(グムジャ、ファン・ヨンヒ扮)の友情は続き、チャ・ジュンウォンはファングム企業の社長に、ルイは本部長になって会社を導いた。

ルイは、オードリーから予想外の贈り物を受け取った。その贈り物とは、ファングムデパート30周年オルゴールプレゼントイベントの様子が収められたビデオテープだった。そのビデオテープでルイはコ・ボクシルの母親と父親を発見し、あまりにも幼いときに両親が亡くなって顔を覚えていないとコ・ボクシルために映画館で映像を見せてあげ、家族の記憶を探してあげた。コ・ボクシルは両親の顔を見て涙を流した。

2人はそのようにお互いに家族を見つけてあげ、家族になった。周辺の人々も、それぞれの方法で、みんなが調和して暮らす方法を身につけていった。キム・ホジュンとホ・ジョンランは結婚して、ペク・マリはチャ・ジュンウォンに向けた片思いを続けて行き、チャ・ジュンウォンはまた違う山里の少女モンシル(チェ・スビン扮)に会って、新しい恋を予告した。ルイとコ・ボクシルはお互いに愛をささやいて、未来を約束した。

最後まで暖かさが隅々にまで満たされたドラマだった。『ショッピング王ルイ』は序盤から積み上げたキャラクターたちの話を最後までわざとらしくなく、よく組みたて、充実したハッピーエンドを迎えた。チョ・インソン(オ・デファン扮)の片思いからファングム企業の人びとの業績向上、さらにはコ・ボクシルとク室長のカバンを盗んで行ったスリのおばあさんまで、すべてのキャラクターのエピソードが濃い密度で描かれた。

主要な配役にストーリーが傾き過ぎず、刺激的な設定や事件のなかった『ショッピング王ルイ』は、すべての配役に均等に忠実に話の流れが与えられるように細心の配慮をした。孤高の城で人とコミュニケーションすることなく暮らしていたルイがコ・ボクシルに会って、人々と交わる生活を学ぶ成長期ドラマらしく、演出とストーリーの流れのすべてで「人との付き合い」を強調しており、温かさを加えた。

一見すると『ショッピング王ルイ』は、財閥3世が記憶を失って山奥の少女に会って恋に落ちるシンデレラストーリーだ。しかし、その中を詳しく見てみると、ルイはコ・ボクシルの暖かさで成長して、ルイを介して再びひとつに調和することになった人の話を通じて、ヒーリングをプレゼントする一冊の「大人の童話」だった。最後まで暖かかった『ショッピング王ルイ』は、疲れた視聴者たちに慰めを与えるのに十分なドラマとして残った。


「ショッピング王ルイ」最終回② ソ・イングクは証明し、ナム・ジヒョンは成長した




  • MBNスター ユ・ジヘ記者 / 写真=MBC放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-11-11 09:41:36