悪童ミュージシャンの「200%」、W杯プレイリスト8選に


兄妹デュオ「悪童ミュージシャン」が国際的な歌手として注目を浴びる展望だ。

所属事務所のYGエンターテインメントによると13日、悪童ミュージシャンは世界的に有名な旅行マガジンの「コンデナスト・トラベラー」が、2014年ブラジルW杯の開幕を迎えて選定した「ワールドカップ・プレイリスト」にアジアの歌手としては唯一名前を挙げた。

コンデナスト・トラベラーはワールドカップを迎え、「This World Cup Playlist Lets You Travel The World Without Leaving Your Couch(このワールドカップ・プレイリストは快適なソファを離れることなくあなたを世界旅行させる)」というタイトルの報道を通じ、世界各国のミュージシャンたちの音楽8曲を推薦した。そのなかに悪童ミュージシャンの『200%』が、アジアの歌手の歌では唯一含まれた。

悪童ミュージシャンはブラジルのロックバンド「オス・ムタンチス(OS MUTANTES)」、フランスのシンガーソングライター「ベン・ロンクル・ソウル(BEN L'ONCLE SOUL)」、アルゼンチンのバンド「ラファーガ(RAFAGA)」、オランダのDJ兼プロデューサー「ユヴェンタ(JUVENTA)」、ブラジルの女性シンガーソングライター「イヴェッチ・サンガロ(IVETE SANGALO)」、メキシコのギター・デュオ「ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ (RODRIGO Y GABRIELA)」、ブラジルのシンガーソングライター「セウ・ジョ ルジ(SEU JORGE)」らとともに、コンデナスト・トラベラーが選定した世界各国の代表ミュージシャンとして名が上がり、これらと肩を並べた。
  • スタートゥデイ_パク・セヨン記者
  • 入力 2014-06-13 15:00:58