トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「不夜城」9話、イ・ヨウォン vs ユイの本格対立にも視聴率は下落「3.8%」

「不夜城」9話、イ・ヨウォン vs ユイの本格対立にも視聴率は下落「3.8%」

「不夜城」9話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。


  • 「不夜城」9話、イ・ヨウォン vs ユイの本格対立にも視聴率は下落「3.8%」
『不夜城』のユイがイ・ヨウォンと本格的な正面対決を宣言したが、視聴率の反騰には大きな影響を与えなかった。

去る19日に放送されたMBC月火特別企画ドラマ『不夜城』(演出イ・ジェドン、脚本ハン・ジフン、制作 不夜城文化産業専門会社)では、自身を心から愛するゴンウ(チン・グ扮)の心を利用するイギョン(イ・ヨウォン扮)を見ながら、セジン(ユイ扮)が徐々に変わっていく姿が電波に乗った。

この日の放送では視聴率3.8%(ニールセンコリア、全国基準)を記録し、前回より1.4%下落した数値を見せた。イ・ヨウォンとユイの対立関係が初めて水面上に上がってきたにもかかわらず、残念な視聴率を記録した。

イギョンは、セジンが自身に向かってゴンウの気持ちを伝え、継続的にそれをわかってもらうことを望むと、「暇でデートでもしてきたのか」と毒舌を浴びせる。続いてゴンウの父親の泣き所に触れて倒れさせた後、「あんたも分かっておきな。後で利用するのが良いだろう」と言って冷徹な態度を見せた。

これをしたセジンはゴンウの父親が入院した病院を訪ね、彼を心から慰め、イギョンは遠くに行き、これを見て満足したようにうなずいた。しかし、セジンの目にはイギョンに向けたやいばがいっぱいに立っていた。

特に放送末尾には、セジンとイギョンが夜景を眺めながら話を交わし、セジンはイギョンに向かって、「私がいつの日か追い越すだろう」といたずら心が混ざった本心を伝えて人目を引いた。

MBC月火特別企画『不夜城』は、眠らない貪欲の光がその光の主人になるために熾烈な戦争を繰り広げる過程を描いた作品で、今日(20日)午後10時に10話が放送される。毎週月、火曜日の夜10時放送されている。
  • シックニュース チョ・ヘジン記者 / 写真=ドラマポスター | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-12-20 08:43:00