「うちのガプスン」予告 キム・ソウン&ソン・ジェリムが婚約式


『うちのガプスン』のキム・ソウンとソン・ジェリムの特別な婚約式のビハインドカットが公開された。

SBSの週末ドラマ『うちのガプスン』(ムン・ヨンナム脚本、プ・ソンチォル演出)制作陣は6日、ガプスン(キム・ソウン)とガプドル(ソン・ジェリム扮)の和気あいあいとした婚約式の現場スチールを公開した。

公開された写真の中には、白のワンピースに花冠をかぶったガプスンの笑顔と、蝶ネクタイにタキシードを着たガプドルの幸せな姿が収められていて、注目を集める。特に、姿勢を正して向かい合った2人の姿は、長い恋愛を終えて人生のパートナーになることを約束する切なさが込められている。

ガプスンとガプドルは両家の結婚の反対を克服するための自己救済策として、結婚式ではなく婚約式を選択することになる。両家が結婚を承諾するまで一緒に暮らすプロジェクトに突入することにしたものだ。ダルトン(イ・ガンウク扮)は婚約式の場所としてレストランを調べていたが、ガプスンの一言で質素な軽食店へと場所を変えて、友達と一緒に2人の婚約式を準備する。

実際に撮影を行ったところも一山(イルサン)の軽食店で、キム・ソウンとソン・ジェリムはこじんまりとした場所での特別な婚約式の撮影が印象深かったと伝えた。場所は質素でも、友達が直接準備したバルーンと手作りの装飾に囲まれた場所で婚約式を行い、自然と温かい雰囲気が造成されたという。

親の許可を得るまえに、先に一緒に暮らすことにしたガプスンとガプドルが果たして「花の道」を歩くことができるのか不安を感じさせている。ガプドルは公務員で、ガプスンは掃除屋の創業に最初の一歩を踏み出したものの、貯蓄がまったくない社会における新人たちであり、彼らがどのように現実的な難関を克服するのか、視聴者の注目が集まっている。

『うちのガプスン』の制作陣は「ガプスンとガプドルが前回に続いて2度目の同居を選択するが、1度目のときとは異なり、責任感のある成熟した姿を垣間見ることができるだろう。最近、若者の間でスモールウェディングが流行っているだけに、2人の選択と決定にも多くの応援を送ってほしい」と明らかにした。

『うちのガプスン』は7日午後8時45分に放送される。
  • シックニュース キム・ジヨン記者 / 写真= SBS提供 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-01-06 10:07:00