「力道妖精キム・ボクジュ」側が最終回の観戦ポイント5つを公開

「力道妖精キム・ボクジュ」16話(最終回) 

わずか1話だけを残しているMBC水木ドラマ『力道妖精キム・ボクジュ』の最後の観戦ポイントが公開された。

MBC水木ドラマ『力道妖精キム・ボクジュ』(脚本ヤン・ヒスン、キム・スジン / 演出オ・ヒョンジョン、ナム・ソンウ / 制作チョロクベムメディア)は、バーベルばかりを挙げてきた21歳の重量挙げ選手キム・ボクジュに訪れた嵐のような初恋を描いた清涼感あふれる青春ドラマだ。これと関連し、息を切らして走ってきた数カ月の大長征の末、たった1話だけを残している『力道妖精キム・ボクジュ』の「最後の話」が好奇心を刺激している状況だ。毎回いきいきとしたときめきがいっぱいあふれる話を描き出す『力道妖精キム・ボクジュ』で最後まで見逃せないポイントを探ってみた。

泰陵(テルン)に行った「重量挙げ国家代表」キム・ボクジュ、一歩を踏み出すか?

初恋の痛みで重量挙げの人生にまで危機を迎えていたキム・ボクジュ(イ・ソンギョン扮)は、家族と恋人チョン・ジュンヒョン(ナム・ジュヒョク扮)の助けを借りてスランプを克服し、最終的に重量挙げの代表になった。チョン・ジュンヒョンに国家代表になった事実と中国で世界選手権があると知らせたのに続いて期待感と恐怖、ときめきがすべて詰まった表情で泰陵(テルン)選手村に入るキム・ボクジュの姿がこれから繰り広げられる物語への関心を集めた。キム・ボクジュが国家代表という目標を達成したことから一歩進んで、世界選手権大会に出場することができるのか、もし出場するなら金メダルを首にかけることができるのかが、最終回を控えたポイントの一つだ。

「明日は国家代表」チョン・ジュンヒョンと「勇気のある新体操女神」ソン・シホの未来は?

子供の頃から胸の中に抱いてきたあらゆる悲しみをすべて爆発させ、最終的にトラウマを克服した水泳選手チョン・ジュンヒョンは全国水泳大会で2位になり、可能性を見せた。直後の代表抜擢には失敗したが、希望を抱いて新たなスタートを知らせた。チョン・ジュンヒョンが恋人キム・ボクジュが待っている泰陵(テルン)選手村に入ることができるのか、期待が高まっている。

一方、新体操選手ソン・シホ(キョン・スジン扮)は、コーチソン・ユヒ(レイヤン扮)の不正を全身で否定し、国家代表選抜戦を果敢に放棄する勇気ある動きを見せた。新体操選手として下り坂だけが残っている中で、ソン・シホが選択する未来はどのように繰り広げられるかも気になるところだ。

「恋は努力で叶うものではない」、チョン・ジェイとコ・アヨンの恋はどうなる?

チョン・ジェイ(イ・ジェユン扮)のそばで友達を口実にして長い片思いを続けてコ・アヨン(ユ・ダイン扮)は、最終的に敗戦を宣言して故郷の家に帰った。さらにチョン・ジェイが自分の優柔不断な性格を直してみると告白したが、コ・アヨンは恋は努力で叶うものではないと話して拒絶した。しかし、チョン・ジェイは父の病院の仕事を助けていたコ・アヨンのもとを再び訪ねて、ご飯を食べようという言い訳でひそやかな求愛を続けた。果たしてチョン・ジェイの出遅れた努力が恋に変わるのか、そしてコ・アヨンとの愛は実現するか、関心が集まっている。

「座っても立ってもボクジュを考える」父、腎臓移植手術は可能なのか?

劇中、キム・ボクジュの父キム・チャンゴル(アン・ギルガン扮)は、血液透析なしでは生活を維持するのが難しい腎不全患者だ。しかし最近、血液透析後に鼻血を流して倒れたのに続いて、主治医から腎臓移植手術が急務だという診断を受けた状態。その後、国家代表になったキム・ボクジュが泰陵選手村に入る前日、腎臓移植ドナー2順位という連絡を受け、一筋の光が差し込んだ。キム・ボクジュを選手村に送ってからようやく病院に行く準備を始めたキム・チャンゴルが腎臓移植手術を受けることができるのか、そして泰陵選手村に行ったキム・ボクジュは父の元気な姿を見ることができるのか、帰趨が注目されている。

イ・ソンオク&チョ・テグォン&チョン・ナンヒ、チェ・ムソン&チャン・ヨンナムのラブラインの完成は?

重量挙げ部のイ・ソンオク(イ・ジュヨン扮)とチョン・ナンヒ(チョ・ヘジョン扮)は、水泳部のチョ・テグォン(チ・イルジュ扮)を間に置いて三角関係を見せて笑いを提供している。チョ・テグォンに対して愛嬌たっぷりの笑顔でアピールするチョン・ナンヒとシックな魅力のイ・ソンオクに特別な関心を見せるチョ・テグォン、そのような関心が嫌ではないようなイ・ソンオクの三角関係がどのような結末を迎えるのか期待を集めている。

また、キム・デホ(カン・ギヨン扮)がスーパーの従業員スルギ(キム・スルギ扮)と新しいラブラインを形成しながら、重量挙げ部の監督ユン・ドクマン(チェ・ムソン扮)とコーチチェ・ソンウン(チャン・ヨンナム扮)、キム・デホの間の三角関係も解消局面を迎えた状況だ。バツイチの彼の境遇を悲観してチェ・ソンウンの心を努めて冷遇してきたユン・ドクマンと、一度の告白で毒杯を飲んだチェ・ソンウンの愛がつながる可能性があるのか、視線を集めている。

制作会社チョロクベムメディア側は「真夏に撮影準備を開始したドラマが、いつのまにか2つの季節を過ぎて最終回を目前にしている」とし「最後に、これまであまりにも熱い愛を送ってくださった視聴者の皆さんに感謝の挨拶を伝えたい」と明らかにした。

一方、大詰めの準備をしているMBC水木ドラマ『力道妖精キム・ボクジュ』16話(最終回)は11日(今日)午後10時に韓国で放送される。
  • O2CNI / 写真=MBC
  • 入力 2017-01-11 16:40:00