イ・ミンホ「青い海の伝説」最終回に「応援していただき感謝…幸せで胸がいっぱい」


俳優イ・ミンホが『青い海の伝説』とホ・ジュンジェに別れを告げながら、最終回を迎えた所感を伝えた。

26日、イ・ミンホは「ホ・ジュンジェというキャラクターを最初に接したとき、期待とときめきが半々だった。私の記憶の中でホ・ジュンジェは暖かく、魅力的な友人として残りそうだ。完全にジュンジェでありダムリョンになるために悩んで努力した時間だった。視聴者の皆さんにとっても『青い海の伝説』が楽しい思い出として記憶されたら」とし「どの瞬間でも過ぎてみると、いつも物足りなさが残るが、ジュンジェとして過ごした5カ月は幸せで胸がいっぱいになった」と打ち明けた。

続いて「パク・ジウン作家、チン・ヒョク監督、楽しく愉快な現場でともにいた先輩、同僚俳優の皆さん、スタッフの皆さん、応援して愛してくださった視聴者の皆さんにもう一度感謝する」とし、「いつも俳優イ・ミンホの旅を私よりも心配して、熱い気持ちで見守ってくださるファンの皆さんがなかったら、今の私はいなかったはずだ。私が私でいられるようにしてくださり、より良い私になれるように応援してくださる心を忘れない」と感謝の気持ちを伝えた。続いて「いつも発展する姿をお見せする俳優になるように努力する」と仕上げた。

一方、SBS『青い海の伝説』(演出チン・ヒョク、脚本パク・ジウン)が25日、華やかに幕を下ろした。3年ぶりにテレビドラマに復帰するイ・ミンホのカムバック作であるという事実だけでも、放映前から最高の期待作として話題を呼んだ『青い海の伝説』は、初放送から1位の座を譲らず、イ・ミンホの興行パワーをもう一度見せつけた。
  • MBNオンラインイシュチーム / 写真=MBNスターDB | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-01-26 10:19:09