トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「お父さんが変」34話 好青年アン・ヒョソブ、感動と涙…ゼリーカップル青信号

「お父さんが変」34話 好青年アン・ヒョソブ、感動と涙…ゼリーカップル青信号

「お父さんが変」34話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「お父さんが変」34話 好青年アン・ヒョソブ、感動と涙…ゼリーカップル青信号
『お父さんが変』礼儀正しい青年アン・ヒョソブの理由ある事由が公開され、視聴者の共感を得た。

去る『お父さんが変』34話では、行き場を失って意気消沈するフットボールコーチのチョルス(アン・ヒョソブ扮)の姿が描かれ、こんなチョルスの家をラヨン(リュ・ファヨン扮)が一緒に探し回りながら、危機に見舞われた甘い「ゼリーカップル」に青信号が灯った。

財閥の息子だが、自身の夢のために家を出てユースサッカーチームのコーチとして区民会館宿直室でこっそり過ごしていたチョルスに危機が迫った。センター長に見つかりすぐに道端に追い出された。チョルスが財閥の息子ということに違和感を感じ、チョルスと距離を置いていたラヨンはこんなチョルスを哀れに思い、世の中を知らないチョルスのために一緒に家を探してあげることにした。

しかし、現実は、さらに絶望的だった。両足を伸ばして寝ることができる家を得るのが難しかった。

家族の助けなしに自らの力で生活しようとするチョルスにラヨンは「助けを求めるところがないわけではないでしょ?」と尋ね、チョルスはそんなラヨンに「ピョン講師もそう思うのか?おなじみの反応だ。そうしてみたって、そんなにしないだろう。金持ちの息子が幼稚に振舞うのだ。こうしているうちにつらかったら、父の下にもぐり込まないと」という言葉で本音を表し、過去の話をした。

過去にチョルスがサッカーをしていた時、一緒に運動していた友人が競争でチョルスに遅れをとると、「サッカーをしなくても食べていけるのではないのか」と尋ね、同じくサッカーで胸がいっぱいだったチョルスだったが、金持ちという背景のため周囲が自身の切実さを信じてくれなかったと告白した。

これを見守っていたラヨンは「私が簡単に話をした。パクコーチの夢について。心から謝罪する。」とチョルスに対する信頼を見せた。

これまでチョルスが区民会館フットボールコーチはもちろん、コンビニのバイトまでしなければならない疑問が解ける一方で、自身の夢を貫くために、周囲の助けなしに自分で解決しようとする礼儀正しい青年のチョルスに視聴者の応援が続いている。

それだけでなく、チョルスの正体を知り、お互い違うと距離感を感じたラヨンだったが、少しずつお互いのことを知り、心から理解していく姿に、これから「ゼリーカップル」のラブラインに期待が集まっている。

一方、30%以上の高い視聴率で週末ドラマ成功神話を書いている『お父さんが変』は、毎週土、日曜日の夜7時55分に放送される。
  • MBNオンラインイシューチーム / 写真=KBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-06-26 12:22:00