トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「お父さんが変」44話 お互いの心を確認したイ・ジュン♥チョン・ソミン…本格ロマンス開始

「お父さんが変」44話 お互いの心を確認したイ・ジュン♥チョン・ソミン…本格ロマンス開始

「お父さんが変」44話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「お父さんが変」44話 お互いの心を確認したイ・ジュン♥チョン・ソミン…本格ロマンス開始
イ・ジュンとチョン・ソミンの本格ロマンスが始まった。

30日に放送されたKBS2『お父さんが変』では、アン・ジュンヒ(イ・ジュン扮)とピョン・ミヨン(チョン・ソミン扮)がお互いの心を確認した後、本格的にラブラインを形成する場面が描かれた。

この日、アン・ジュンヒはピョン・ミヨンが家に訪ねてきて、「自身のせいで家を出たのか」​​と尋ねると「そうではない」としながら、自分の気持ちを告白した。これに対してピョン・ミヨンは慌てたように沈黙した。

2人は車に乗った。アン・ジュンヒはピョン・ミヨンに「どこか行きたいところある?コーヒーを飲みたいとか、アイスクリーム食べたいとか」と尋ねた。ピョン・ミヨンは 「いいえ、早く寝ないと。そして明日の撮影スケジュール変更になった」と答えた。アン・ジュンヒは「そうか。家に行くよ、ベルトして」と言った。しかし、ピョン・ミヨンは緊張のあまりベルトをきちんと締めることができなかった。これに対しアン・ジュンヒは彼女のベルトを代わりにしてあげるために、ピョン・ミヨンに近づいた。ピョン・ミヨンはドキドキを感じながら緊張した。アン・ジュンヒも緊張した表情でハンドルを握った。

ピョン・ハンス(キム・ヨンチョル扮)の家に到着した2人。ピョン・ミヨンは「送ってくれてありがとう。明日、時間に合わせて行くから」と言って車から出た。しかし、急いでいたあまり、ベルトを緩めることができず、アン・ジュンヒがベルトを解いてあげると恥ずかしがるように家に飛び込んで行った。

家に帰ってきたピョン・ミヨンはアン・ジュンヒが自身を好きだと言ったシーンを思い出して「ありえない。アン俳優さんが私を。そのうち、ばれるのではないか」としながら、胸に手を置いた。家に到着したアン・ジュンヒは「変になりそう。ピョン・ミヨン。君が最初からイ・ミヨンだったらどれだけ良かっただろうか。大丈夫、君だけ一生知らなければいい」と言いながら、ため息をついた。

ピョン・ミヨンはアン・ジュンヒに可愛く見せるために翌日の朝、化粧もした。最初は自身があれこれ試してみたが厚化粧でキム・ユジュ(イ・ミド扮)を驚かせた。これに対しキム・ユジュは自身が助けてあげると化粧を直してあげた。家族は変わったピョン・ミヨンの姿に感心しながら、彼女の容貌を賞賛した。
  • 毎日経済スタートゥデイ キム・イェリン客員記者/写真=KBS放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-07-30 20:38:28