パク・ソダム、アーティストカンパニーと専属契約…チョン・ウソン&ハ・ジョンウら所属


俳優パク・ソダムがアーティストカンパニーとともにする。

30日、アーティスト・カンパニーはパク・ソダムと専属契約を締結したと伝えた。

アーティストカンパニー側は「俳優パク・ソダムと最近数回のミーティングを進行した後、専属契約を締結した」とし、「多彩な魅力と優れた演技力を持ったパク・ソダムとともに道を歩くことになり嬉しく期待している」と所感を伝えた。続いて「デビュー後に早い時間内にスクリーン、ブラウン管、演劇まで網羅する様々なフィルモグラフィーを積んで優れた演技力で大衆の心を捕らえた俳優だ。無限の力を絶えず繰り広げることができるようにアーティストカンパニーで積極的に支援する予定なので、大きな愛と応援をお願いする」と覚悟を明らかにした。

パク・ソダムは2013年の映画『少女』でデビューして『イントゥギ』、『愛のタリオ』、『尚衣院』、『京城学校:消えた少女たち』、『ベテラン』、『王の運命-歴史を変えた八日間-』、『国家代表2』など活発な演技活動を通してしっかりとしたフィルモグラフィーを固めており、特に『プリースト 悪魔を葬る者』でスクリーンを圧倒する演技力を披露し「忠武路の期待の主」として注目を集め第37回「青龍映画賞」助演女優賞を受賞する快挙を達成した。

また、彼女は『初めてなので』、『ビューティフル・マインド』、『シンデレラと4人の騎士』などのドラマで映画とはまた違った魅力と優れた演技を披露しながら視聴者に存在感をアピールして、600:1のオーディション競争率をくぐって参加することになった演劇『レット・ミー・イン』と演技への挑戦、情熱で再び参加することになった演劇『クローザー』までスクリーン、ブラウン管や演劇の舞台を行き来しながら縦横無尽に活躍している。
  • 毎日経済スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=スタートゥデイDB | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-30 09:02:44