BTOB、熱狂的な日本コンサート

東京-大阪4回単独コンサートを成功裏に終える 



グループBTOBが日本大阪、東京にて全4回の単独コンサートを成功裏に終わらせた。

BTOBは去る19日日本大阪のグランキューブ大阪にて開かれた単独コンサートに続き21日には東京舞浜アンフィシアターでの公演を開きK-POPルーキーとしての地位を見せた。BTOBは全4回公演で1回ごとにそれぞれ2000余名、全8000名のファンたちと熱い公演を繰り広げた。

「Summer Vacation with BTOB」というタイトルで開かれた今回の単独コンサート公演は最初から最後までメンバーたちの流暢な日本語で進行され、ファンたちとさらに近く疎通できたことはもちろん、圧倒的な歌唱力とパフォーマンスで公演を訪れたファンたちだけでなく現地歌謡、マスコミ関係者たちを驚かせた。

BTOBは「Beep Beep」、「WOW」など特有のグルーブ溢れるダンス曲で楽しいステージを披露する一方で「2番目の告白」「僕が君の男だったとき」、「星」、「終わったのかな」などを歌って秀でたボーカルで柔らかな魅力を彷彿させた。続いて「Thriller」「秘密」「その唇を奪った」などではパワフルなパフォーマンスと強烈な男性的魅力を披露して日本のファンたちに印象を強く残した。

特にBTOBはJ-POP曲をBTOBだけの魅力で新しく編曲し歌う特別なステージを準備しファンたちの拍手喝采を浴びた。

ソ・ウングァン、イ・チャンソプ、イム・ヒョンシク、ユク・ソンジェで組まれたボーカルラインは東方神起の「bolero」等を歌い美声とパワフルなボーカルを繰り広げて完璧な歌唱力と感性の調和を見せてくれ、観客の嘆声を誘った。イ・ミニョク、プニエル、チョン・イルフンで組まれたラップラインはケツメイシの「さくら」の原曲に韓国語-日本語-英語バージョンでラップメイキングを加えてはっきりと差別化された魅力で観客を魅了した。

一方BTOBは現在芸能及び演技、ラジオなど各領域で多様な個人活動を広げてカムバックの準備をしている。
  • MBNスター ソン・チョロン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-22 17:13:59