トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「憎くても愛してる」25話 ピョ・イェジン、INFINITEソンヨルから「別れ」に「出生の秘密」まで衝撃

「憎くても愛してる」25話 ピョ・イェジン、INFINITEソンヨルから「別れ」に「出生の秘密」まで衝撃

「憎くても愛してる」25話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「憎くても愛してる」25話 ピョ・イェジン、INFINITEソンヨルから「別れ」に「出生の秘密」まで衝撃
『憎くても愛してる』ピョ・イェジンがINFINITEソンヨルから別れの通知を受け、「拾い子」という出生の秘密まで聞く、衝撃に包まれた。

18日に放送されたKBS1連続ドラマ『憎くても愛してる』で、キル・ウンジョ(ピョ・イェジン扮)がホン・ソクピョ(INFINITEソンヨル扮)から別れの通知を受けて嗚咽する姿が電波に乗った。

この日、キム・ヘンジャ(ソン・オクスク扮)はカフェで出会ったチョン・グンソプ(イ・ビョンジュン扮)をキル・ウンジョに紹介した。これにキル・ウンジョは「どこかで会ったことはないか」とチョン・グンソプに知ったふりをした。

しかし、この時、キム・ヘンジャはキル・ウンジョの叔母キル・ウンジョン(チョン・ミソン扮)が家に来たという知らせを聞いて急いで走っていった。

以後、キル・ウンジョンはキル・ミョンジョ(コ・ビョンワン扮)とは異なり、キル・ウンジョを会うやいなや小言を浴びせた。これにキム・ヘンジャは「来るやいなやまた始まりだ」とキル・ウンジョンをとめた。結局、キル・ウンジョが部屋に避けると、キル・ウンジョンは「あの子が今私を無視する」と怒った。キル・ウンジョは「しばらくの間、疲れそうだ」とため息をついた。

一方、チョン・グンソプは娘チョン・インジョン(ユン・ジユ扮)が「再婚相手が金持ちなら賛成する。再婚して私たちにも利得を分けてほしい」という話を聞き、「どうして姉妹がこんなに違うのか」と舌を巻いた。一方、チョン・インウ(ハン・ヘリン扮)は片思いしているピョン・ブシク(イ・ドンハ扮)に「もう兄さんを好きではない。考えてみると思春期の感情だった。兄さんが誰を好きでも応援する」と虚偽の告白をした中で、トン・ミエ(イ・アヒョン扮)に気をかけ、片思いを続けた。

ピョン・ブシクはトン・ミエが付き合う男性が本当に身元が確実か確認した。これにトン・ミエは「ジーニアスの本部長で合っている。一人暮らしの父親が5年ぶりに離婚した」と答えた。ピョン・ブシクが戸籍整理が確実になったのか改めて聞くと、トン・ミエは「まさか先輩が嘘をつくだろうか」と言ってピョン・ブシクの気を揉んだ。

一方、ク・ジョンヒ(ソン・ユヒョン扮)がホン・ソクピョにキル・ウンジョとの関係を問い、「2人が何か仲違いしたんだって?」と追及した。これにホン・ソクピョは「今、私の俺でウンジョさんの話をするな」と一蹴した。これにク・ジョンヒが執拗に尋ねると、ホン・ソクピョはキル・ウンジョだけでなく自分の仕事についても「干渉するな」と宣戦布告した。

以後ホン・ソクピョはビューティーセンターの前で出会ったキル・ウンジョと時間を持った。続いた席でキル・ウンジョが「パニック障害、あれ。おばさんも自分の経験だから話したのだ。誤解しないでほしい」と説明した。これにホン・ソクピョは「誤解しない。そして俺はキム社長が好き。お母さんがこんな感じなんだと思った」と答えた。

ホン・ソクピョは「ウンジョさんが寒い時、服を脱いであげられなかったのも俺の問題で、どんな状況でも俺から考えることも俺の問題だ。以前は知らなかったがウンジョさんに会って以降、誰かの保護を受けなければならない俺が情けなくて耐えられなかった」とし、「俺は自ら強くなる時間が必要だ。元気で」とキル・ウンジョを押した。これにキル・ウンジョはホン・ソクピョの後ろ姿を見て、「私は大丈夫なのに。始めもしないで終えた」と別れを惜しんだ。

キル・ウンジョは突然のホン・ソクピョの別れに落ち込んだ状況。ちょうどピョン・ブシクがキル・ウンジョに電話をし、駆け付けてキル・ウンジョを慰めようと一緒に映画館に行った。キル・ウンジョは映画を見ながらホン・ソクピョと送った過ぎた時間を思い出して涙を流した。

その時刻キム・ウンジョンはキム・ヘンジャに2億ウォンを要求し、「これまでウンジョの下に入った金に比べれば安いもんだ。ウンジョが拾い子で入ってきて、これまでよく食べてちゃんと暮らしたのではないか」と声を上げた。ちょうど家に帰ってきたキル・ウンジョが2人の会話を聞き、葛藤を予告した。
  • スタートゥデイ ホ・ウンギョン客員記者 / 写真=KBS1放送画面キャプチャ
  • 入力 2017-12-18 21:26:27