トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ミスティ」キム・ナムジュ×チ・ジニ、ティーザー公開…存在だけでゾクゾクする雰囲気

「ミスティ」キム・ナムジュ×チ・ジニ、ティーザー公開…存在だけでゾクゾクする雰囲気


  • 「ミスティ」キム・ナムジュ×チ・ジニ、ティーザー公開…存在だけでゾクゾクする雰囲気
キム・ナムジュとチ・ジニが出演する『ミスティ』のティーザー映像が公開された。

2018年総合編成チャンネルJTBC上半期の期待作『ミスティ』キム・ナムジュとチ・ジニの破格変身が初公開された。致命的な雰囲気と妙な緊張感が引き立つ最初のティーザー映像を公開し、激情メロの本格的な開始を知らせた。

来る2月2日に初放送されるJTBC新金土ドラマ『ミスティ』(脚本ジェイン、演出モ・ワンイル)は、殺人事件の容疑者として指名された大韓民国最高のアンカーコ・ヘラン(キム・ナムジュ扮)と彼女の弁護人となった夫カン・テウク(チ・ジニ扮)、彼らが信じていた愛の素顔を見せる激情メロドラマ。6年ぶりにドラマに帰ってきたキム・ナムジュと視聴者を溶かすメロ職人チ・ジニの出会いで、ドラマファンたちの期待を一身に受けている作品だ。

29日に公開された最初のティーザー映像では、キム・ナムジュとチ・ジニが存在するだけでもゾクゾクする雰囲気をかもし出し、見る人々を一気にひきつけている。鏡の中に自分自身を見つめるヘランとベッドに横になって苦しそうな表情を浮かべているテウク。そして「あの時、お前を待つのではなかった」というテウクの後悔が混じった一言は、「完璧だった俺の人生に亀裂が生じ始めた」というフレーズと重なり、彼らの話に関心を増している。

また、誰かを抱き寄せ涙を流すヘランと一人苦悩に陥ったテウクの正反対の雰囲気は、感覚的な映像美と交じり視線を集めている。振り返って立つヘランをテウクが掴んで立ちながら2人の目が合った瞬間、なぜか感じられる緊張感の理由は何なのか、20秒ほどの短い映像だけで激情メロをしっかりと予告したキム・ナムジュ、チ・ジニの活躍が期待を集めている。

一方、『ミスティ』は『ドラマスペシャル - シリウス』、『ビューティフル・マインド』を演出したモ・ワンイルPDのJTBC初めての作品で、ジェイン作家が執筆を引き受け、カン・ウンギョン作家がクリエイターとして参加する。『アンタッチャブル』の後続として2018年2月2日に初放送される。
  • シックニュース キム・ジヨン記者 / 写真=クル&クリム提供 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-12-29 12:57:00