トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」10話 チェ・ダニエル♥ペク・ジニ、ハラハラドキドキの社内恋愛開始

「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」10話 チェ・ダニエル♥ペク・ジニ、ハラハラドキドキの社内恋愛開始

「ジャグラス」10話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」10話 チェ・ダニエル♥ペク・ジニ、ハラハラドキドキの社内恋愛開始
『ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~』チェ・ダニエルとペク・ジニが社内恋愛を始めた。

2日午後に放送されたKBS2月火ドラマ『ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~』では、チャ・ユニ(ペク・ジニ扮)とナム・チウォン(チェ・ダニエル扮)がお互いの気持ちを確認した姿が描かれた。

先立って年末が近づくと、チェ・ユニは友人たちと一緒に日の出旅行に発つ準備をした。家の前でチャ・ユニと会ったナム・チ員はプレゼントを渡した後その場を去った。

チャ・ユニが海に向かう車の中で、ナム・チウォンのプレゼントを確認した。その中に一緒に入れられていた手書きの手紙には「俺のそばにいてくれてありがとう」という言葉が盛りこまれていた。彼女はすぐに車から降り、2人が一緒に行ったラーメン屋に向かった。

チャ・ユニは店の前でナム・チウォンに会った。彼は傘をさしてくれるナム・チウォンを見て明るく笑って抱擁を交わした。

以後、家に帰ってきた2人は家でデートを楽しんだ。2人は並んで座りテレビを見て甘い雰囲気を続けた。この時、テレビにはキスシーンが登場した。するとナム・チウォンは「ひょっとしてボイラー上げたか」と赤くなる顔にきまりの悪い様子をみせた。

彼は髪を弄っているチャ・ユニを見て、「なぜ髪を食べているのか」と尋ねた。これにチャ・ユニは「ぎこちなくて良くてそうだ」と言った。続いて「家でも常務と呼ぶべきか。愛称で呼ぶのはどうか」と尋ねた。ナム・チウォンはこれを拒絶し、チャ・ユニは「結構。これから私はコトゥリ(揚げ足、ケチ)と呼ぶ」と付け加えた。

やがて新年のカウントダウンが開始した。するとチャ・ユニとナム・チウォンは新年のキスをしながら愛情を交わした。

  • 「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」10話 チェ・ダニエル♥ペク・ジニ、ハラハラドキドキの社内恋愛開始
2人はお互いの気落ちを確認した後、秘密の恋愛を始めた。彼らはお互いの目線をやり取りしたりこっそりと愛情行為を行い、ハラハラする社内恋愛を続けた。

甘さにすっかりはまっていたチャ・ユニとナム・チウォンの恋愛に危機もあった。愛情を交わす中、コン部長(チョン・ソンホ扮)に見つかり誤解を招くところだったし、2人きりで和やかな時間を過ごすために予約しておいたレストランには、チョ専務(イン・ギョジン扮)とマ・ボナ(チャ・ジュヨン扮)が食事をしていた。特にチャ・ユニがナム・チウォンだと思ってバックハグをした人はオ・チャンス(ミン・ジンウン扮)で、危機を迎えたりもした。

以後、会食の席でオ・チャンスは酒に酔いナム・チウォンにケンカを売った。ビリビリとしていた2人は結局取っ組み合いを起こした。家に帰ってきたナム・チウォンは「俺にも不在中を30通も表示させるのか。そうやって手なずけておいて消えるのではないだろうな」と独り言を言った。続いて「ただガムのようにくっついていてくれ。ぴったりと今のように」と酒に酔い告白をした。
  • MBNスター ソン・ジナ記者 / 写真=KBS2放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-01-02 23:12:37