トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ミスティ」15話 コ・ジュン真犯人はチ・ジニなのか…驚きの反転

「ミスティ」15話 コ・ジュン真犯人はチ・ジニなのか…驚きの反転

「ミスティ」15話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「ミスティ」15話 コ・ジュン真犯人はチ・ジニなのか…驚きの反転
『ミスティ』チ・ジニがコ・ジュン殺害犯である可能性が高まった。

23日放送されたJTBC金土ドラマ『ミスティ』15話ではカン・テウク(チ・ジニ扮)に対する疑惑が大きくなった。

この日コ・ヘラン(キム・ナムジュ扮)はカン・テウクの引き出しから過料通知書を発見した。ケビン・リー(コ・ジュン扮)殺人事件が起きた時刻、同じ場所で撮影されたカン・テウクの車の写真だった。

コ・ヘランは衝撃的な事実に大きく混乱した。

この際カン・テウクが事務所に到着した。カン・テウクはコ・ヘランのぎこちない態度に違和感を感じ、引き出しの中を確認して興奮状態となった。彼は引き出しに入れておいたナイフをコ・ヘランの前に出して緊張感を高めた。

そんな中でソ・ウンジュ(チョン・ヘジン扮)はハ・ミョンウ(イム・テギョン扮)と出会った。彼女は「私は絶対にあの裁判を認めることはできない。(コ・ヘランを)苦しめてやる」と決意した。そして一人デモを行うためのボードを持ってその場を去った。

これにハ・ミョンウがソ・ウンジュを引き止めた。ハ・ミョンウはソ・ウンジュを殺すことも出来ると脅迫し「すべてのことは最初が難しい。その次、二度三度は考えるほど難しくない」と囁いて驚愕させた。まるで自分がケビン・リーを殺した真犯人であるかのように話したためだった。

しかしソ・ウンジュはデモを行った。これにユン・ソンイ(キム・スジン扮)がソ・ウンジュにコ・ヘランを真犯人だと確信した理由を尋ねた。するとソ・ウンジュは「ヘランの車のブラックボックスが私のもとにある」と告白し驚きを抱かせた。

しかしソ・ウンジュが話した証拠は間接的な証拠であり、矛盾に満ちた心証でもあった。ユン・ソンイはこの点を指摘し疑いを表した。そしてソ・ウンジュと別れた後に駐車場に向かい暴漢の襲撃を受けて重症を負った。

一方カン・ギジュン(アン・ネサン扮)刑事もカン・テウクに対する疑いを具体化させた。彼はコ・ヘランを訪ねてカン・テウクが真犯人かもしれないという心証を提示した。コ・ヘランはカン・ギジュンの前では平然とした姿を演じたが、カン・テウクに対する疑いから混乱した。

その後カン・ギジュンはチャン・ギュソク(イ・ギョンヨン扮)のもとも訪れた。彼は自分が具体化した心証をチャン・ギュソクに話し、チャン・ギュソクにも疑いを抱かせた。これにチャン・ギュソクはコ・ヘランに「十分に疑うだけの状況であることは確かだ」と話した。

しかしコ・ヘランはこれを受け入れなかった。彼女は「もう一言でも話せば局長を人間として相手しない」と声をあげた。そしてソ・ウンジュのもとを訪れて「ユン記者とどんな話をしたのか」と詰め寄った。

これにソ・ウンジュは「カン・テウクの話をした」としながらもユン・ソンイが提示した疑惑を話した。コ・ヘランにとっては殺人容疑を晴らすことができる有利な証拠をカン・テウクが消した理由が何かに対する疑惑だった。つまりソ・ウンジュとユン・ソンイもまたカン・テウクが殺人犯かもしれないと疑うこととなった。

これにコ・ヘランは違うと反論した。この姿を見たソ・ウンジュは「そう信じたいんでしょう」と嘲笑し、カン・テウクのもとを訪れ直接訪ねるように訪ねた。

その後放送末尾にはカン・テウクの疑わしい行動が明らかとなり、コ・ヘランがカン・テウクに「イ・ジェヨン(ケビン・リー)をあなたが殺したの」と尋ねる姿が描かれた。カン・テウクは泣き喚くコ・ヘランに「ああ」と肯定し驚きを与えた。
  • スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者 / 写真=JTBC放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-03-24 00:19:11