MONSTA X、1位公約は一日中ファンとCCTVのようなVアプリ


グループMONSTA Xが1位公約として「ファンのための特級公約」を掲げた。

今月26日、ソウル市江南区にてMONSTA Xの6枚目ミニアルバム『THE CONNECT』発売記念インタビューが行われた。

MONSTA Xは今年デビュー4年目を迎えるグループだ。中でもデビュー当時から強烈なコンセプトの曲で活動を続け、昨年『DRAMARAMA』ではじめての1位を獲得した。

前回の活動で大きな愛を受けただけに、今回の活動でも良い成果を期待しているだろう。MONSTA Xは1位への欲心を尋ねる言葉に「一度もしていなければ期待値が低かったでしょうが、一度してみたので自然と期待しています」としながらも「ファンの方々が1位にしてくださるなら本当に感謝しありがたく受け取ります」と話した。

中でもMONSTA Xは1位に続き「順位公約」を尋ねる質問に全員が「ファン」のための答えを打ち出した。ミニョクは「時間が空いた日一日メンバーとVアプリをしてみたい。現在は限定的な時間の中で限定的なコンテンツをしています。けれど1位になったらCCTVのように自由なVアプリをすればファンの方々が喜ぶと思います。ずっと一緒に話して寝て起きても付いていればいいとおもいます」と明かした。

ヒョンウォンは「音楽放送で1位となったら一番痩せている僕とミニョクがウォンホ兄さんとショヌ兄さんを抱き上げたり背負って歌を歌います。ファンの皆さんが期待すると思います」と約束した。

MONSTA Xは今月26日に『THE CONNECT』の全曲音源を公開しタイトル曲『Jealously』で活発な活動を行っている。
  • MBNスター ペク・ユンヒ記者 / 写真=STARSHIPエンターテイメント | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-04-01 05:05:00