カムバックしたMONSTA X、「今回の活動で大衆に覚えてほしい」


グループMONSTA Xが現在の自分たちの立ち位置と今後の活動の覚悟を伝えた。

今月26日、ソウル市江南区にてMONSTA Xの6枚目ミニアルバム『THE CONNECT』発売記念インタビューが行われた。

2015年にデビューしたMONSTA Xはアルバムごとに成長した姿を見せている。独歩的なパフォーマンスを中心に強烈な音楽を披露している。中でもグループのアイデンティティを組み立てると同時に大衆性も忘れない方式で活動をしてきている。

毎年その進化を認められ、授賞式でのパフォーマンス賞、アーティスト賞、アルバム部門本賞などを受賞してきた。瞬時にトップにのぼるよりも着実に一段階ずつある場所に近づいてきている。MONSTA Xもまたその部分を体感、継続して駆け抜けるという覚悟を見せた。

I.Mは「今僕らの立場は今後本当にたくさん成長できる段階だと見ることができると思います。これまで着実に僕らだけのものを作ろうと努力したとすれば、これからは徐々にそのカラーを探し推進するための段階です。現在素晴らしい歌手の方々が活動していますが、その中で学びながら徐々にもっと成長していくのだと思います」と明かした。

ウォンホは「今回のアルバムでファンの方々が望む姿をもう少しお見せできるようになったようで幸いです。また僕らが望む道にしっかり進んでいるようです。本当にたくさん待つ瞬間であるため頑張って活動したい。メンバーが全員一緒に怪我をせず楽しく活動を終えられれば嬉しいです。加えて良い成績もあれば嬉しいです(笑)」

最後にミニョクは「MONSTA Xを知らなかった方々も僕らを見て『MONSTA Xだな』と覚えていただく程度であれば成功だと思います。MONSTA Xという名前が覚えられる活動となればいいと思います」と話した。
  • MBNスター ペク・ユンヒ記者 / 写真=STARSHIPエンターテイメント | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-04-01 05:25:00