富川国際ファンタスティック映画祭の司会者にSHINeeミンホ&イム・ジヨンが抜擢!


SHINeeのミンホとイム・ジヨンが第22回富川国際ファンタスティック映画祭の開幕式の司会者に抜擢された。

10日の第22回富川国際ファンタスティック映画祭の事務局は、12日に開かれる映画祭の開幕式の司会者にSHINeeのミンホとイム・ジヨンを選定したと発表した。

SHINeeとしてデビューしたミンホはドラマ『花ざかりの君たちへ』(2012年)、『花郎』(2016年)、『世界でもっとも美しい別れ』(2017年)などに出演して演技者としても活動領域を広げた。着実に演技活動を継続し、彼は『ケチュンばあちゃん』(2016年)でスクリーンデビューをした後、『アンダードッグ 2人の男』(2016年)で家出した青少年に変身し、演技の幅を一層広げた。7月25日に公開を控えている2018年の期待作『人狼』(2018年)を介して、観客との出会いを続けていく。

女優イム・ジヨンは、映画『人間中毒』(2014年)での熱演で51回大鐘賞映画祭と23回夫日映画賞、34回韓国映画評論家協会賞で新人女優賞を受賞しデビューと共に大きな注目を浴びた。以後、映画『背徳の迷宮』(2015年)と『LUCK-KEY』(2016年)などで様々なキャラクターを演じて活躍し、ブラウン管に活動領域を拡大しながらドラマ『上流社会』(2015年)、『吹けよ、ミプン』(2017年)などに出演し多くの人々から愛された。

富川国際ファンタスティック映画祭の開幕式は12日、午後8時に富川市庁の芝生広場で開かれる。開幕式は、チョン・ジヨン組織委員長、チャン・ドクチョン富川市長の開幕宣言で幕を開き、審査員と特別展の紹介と開幕式のパフォーマンス公演に続き開幕作『アンダードッグ』の上映という順に行われる。

一方、富川国際ファンタスティック映画祭は開幕式を皮切りに、53か国290編余りのファンタスティック映画と一緒に観客と出会う。来る12日から22日までの11日間、富川市一帯で開催される。
  • 毎日経済 スタートゥディ ハン・ヒョンジョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-07-10 09:01:54