トップ > エンタメ > K-POP > 防弾少年団、9月の歌手ブランド評判で1位…BLACKPINK、Wanna Oneが続く

防弾少年団、9月の歌手ブランド評判で1位…BLACKPINK、Wanna Oneが続く


  • 防弾少年団、9月の歌手ブランド評判で1位…BLACKPINK、Wanna Oneが続く
グループ防弾少年団(BTS)が歌手ブランド評判2018年9月のビッグデータ分析の結果、1位になった。

2018年9月の歌手のブランドの評判30位順位は防弾少年団、BLACKPINK、Wanna One、Red Velvet、TWICE、ソンミ、iKON、EXO、IU、OH MY GIRL、少女時代、MAMAMOO、(G)I-DLE、宇宙少女、MOMOLAND、GFRIEND、SEVENTEEN、SHINee、Apink、BIGBANG、WINNER、AOA、NU'EST W、BTOB、赤頬思春期、チョンハ、GOT7、Crush、イム・チャンジョン、SHAUNの順で分析された。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「2018年9月の歌手ブランド評判分析の結果、防弾少年団のブランドが1位を記録した。歌手のブランドカテゴリーを分析してみると、8月の歌手ブランドビッグデータ134,739,762個より12.24%減少した。詳細分析を見ると、ブランドの参加が8.68%の下落、ブランドのイシューが5.68%上昇、ブランドのコミュニケーションが11.04%の下落、ブランドの拡散が36.75%下落した」と評判分析した。

続いて「2018年9月の歌手ブランド評判1位の防弾少年団ブランドは、キーワードの分析では「記録を立てる、驚くべき、素敵」が高く現れ、リンク分析は「ビルボード、右翼、IDOL」が多かった。防弾少年団のブランドに対する肯定・否定比率分析は肯定の割合が80.41%と分析され、12.33%が下落した」とビッグデータ分析した。

韓国企業の評判研究所はブランドビッグデータを分析してブランド評判の変化量を把握している。今回のブランドの評判の調査は2018年8月21日から2018年9月22日までのブランドビッグデータ分析で行われた。

歌手のブランド評判指数は消費者に愛される音源を披露している歌手のブランドビッグデータを抽出し、消費者の行動分析をして参加価値、コミュニケーション価値、メディア価値、コミュニティ価値に分類して肯定・否定の比率分析と評判分析アルゴリズムを解して分析された指標だ。ブランド評判分析を通じてブランドについて誰が、どこで、どのように、どれほど、なぜ、話題にしているのかを把握することができる。
  • シックニュース パク・スジョン記者 / 写真=シックニュースDB | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-09-22 08:52:00