「キム課長とソ理事」などに出演したチョン・ヘソン、JWIDEカンパニーと専属契約を締結


女優チョン・ヘソンがJWIDEカンパニーと専属契約を締結した。

JWIDEカンパニーは5日、「魅力あふれる女優チョン・ヘソンと共にすることができて嬉しい。彼女の多彩な魅力をより多くの方々に伝えることができるように最善を尽くす。また、惜しみない支援を行う予定なので期待してほしい」と伝えた。

チョン・ヘソンは2009年、ドラマ『チング~愛と友情の絆~』でデビュー、『傲慢と偏見』、『オー・マイ・ビーナス』、『リメンバー~記憶の彼方へ~』、『雲が描いた月明かり』、『キム課長とソ理事』、『疑問のイルスン』など多様なジャンルのドラマに出演しながら自分の地位を固めてきた女優だ。

ドラマだけでなく、バラエティ番組『私たち結婚しました』、『ドゥニア~初めて会った世界』で女優チョン・ヘソンではなく、人間チョン・ヘソンとして大衆の前に登場し、様々な魅力を披露した。

このように特別な存在感を見せる女優チョン・ヘソンというブランドを作っている彼女は来年、公開を控えている映画『メイト』でリアルで共感できる恋愛ストーリーで観客と出会う予定だ。今回の映画ではどのような姿を見せてくれるのか期待が膨らむ。

一方、チョン・ヘソンが専属契約を締結したJWIDEカンパニーは俳優イ・サンユン、オム・ジウォン、キム・ソヨン、カン・イェウォン、ペク・ジニ、キム・テリ、チェ・ダニエル、チョン・ホジン、ペ・ジョンオクなど演技派俳優たちが多数所属しているマネジメント会社だ。
  • MBNスター シン・ミレ記者 / 写真=JWIDEカンパニー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-12-05 10:10:00