トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「アルハンブラ宮殿の思い出」3話 ヒョンビン、ゲームの中でパク・シネそっくりの人物に遭遇

「アルハンブラ宮殿の思い出」3話 ヒョンビン、ゲームの中でパク・シネそっくりの人物に遭遇

「アルハンブラ宮殿の思い出」3話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「アルハンブラ宮殿の思い出」3話 ヒョンビン、ゲームの中でパク・シネそっくりの人物に遭遇
誰も予想していなかった『アルハンブラ宮殿の思い出』の衝撃のエンディングがお茶の間を混乱のるつぼに陥れた。

去る8日に放送されたtvN土日ドラマ『アルハンブラ宮殿の思い出』3話はケーブル、衛星、IPTVを含む有料プラットフォーム世帯視聴率で平均7.0%、最高8.0%を記録し、ケーブル総合編成を含む同時間帯1位を占めた。

特に、tvNターゲット男女20歳から49歳の視聴率は平均5.2%、最高6.2%を記録し、地上波を含む全チャンネルで同時間帯1位を占めた。(有料プラットフォーム全国基準/ニールセンコリア提供)

この日の放送でユ・ジヌ(ヒョンビン)は『アルハンブラ宮殿の思い出』のゲームの権利を手に入れた。

要員A(パク・ヘス)から未成年のチョン・セジュ(EXO チャンヨル)がゲームに関連するすべての権利を家族法人のボニータホステルに登録していた。法人の所有者はチョン・ヒジュ(パク・シネ)だと知ったユ・ジヌが素早い行動に出た。12年前、クラシックギタリストを夢見て家族とスペインに来たが、両親を亡くした後、学校も辞めて働かなければならなかったチョン・ヒジュ。働いても借金は増えていく一方で、「ボニータホステルを100億ウォンで買う」というユ・ジヌの提案は彼女にとって魔法のようなものだった。だからチョン・ヒジュはボニータホステルを売りユ・ジヌはゲームの所有者になった。以後、ゲームの「レベルアップ」のためにグラナダのあちこちを歩き回っていたユ・ジヌはユーザーの空間である「カフェアルカサバ」を見つけた。情報を交換し同盟たちを集めることができ、武器や装備を取引したり、クエスト(Quest:ユーザに与えられる任務。実行を遂行すれば、補償やアイテムが与えられる)を提供するNPC(Non-player Character:ユーザーにクエストやアイテムを提供する仮想キャラクター)とも会うことができる。「カフェアルカサバ」でユ・ジヌは非常に特別な人物を発見する。赤いベールをかぶって『アルハンブラ宮殿の思い出』を演奏している女性、ギタリストのエマは驚くべきことにチョン・ヒジュと同じ顔をしていた。ゲームを作ったチョン・セジュが姉の姿をそのままNPCとして登場させていて、エマは果たしてどのような能力値を持っているのか、視聴者の好奇心を刺激した部分だった。

信じられないことがあまりにも多いこのゲームを手に入れてもユ・ジヌがずっとゲームをしながらレベルを上げていった理由はチャ・ヒョンソクと決闘をするためだった。その夜、ユ・ジヌは「準備ができた」とチャ・ヒョンソクを呼び、2人の男は街灯だけが1つぽつんとあるひっそりとした薄暗い公園でそれぞれの剣を持ったまま向かい合った。

お互いに対し「結婚に2回も失敗した敗者ユ・ジヌ」と「会社と友人の背中をナイフで刺した裏切り者チャ・ヒョンソク」という非難を浴びせ感情の溝が深まるところまで深まった彼らは決闘を繰り広げた。勝者はユ・ジヌだった。

ついに現実でのゲームの権利争奪とゲームの中の決闘でチャ・ヒョンソクに勝ったユ・ジヌはすっきりとした気持ちでグラナダとチョン・ヒジュを後にして、バルセロナに戻ってきた。しかし、世の中を手に入れたような気持ちは一晩だけだった。次の日の朝、まだグラナダに滞在している秘書ソ・ジョンフン(ミン・ジヌン)が「チャ・ヒョンソク代表が死んだ」という衝撃的なニュースを伝えた。昨夜、チャ・ヒョンソクに何があったのだろうか。

『アルハンブラ宮殿の思い出』は毎週土曜日と日曜日、韓国時間の夜9時に放送される。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-12-09 11:34:36