トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > キム・ソナ&ソ・ジソブ&シン・ハギュン&イ・ユリが「MBC演技大賞」で激突

キム・ソナ&ソ・ジソブ&シン・ハギュン&イ・ユリが「MBC演技大賞」で激突


  • キム・ソナ&ソ・ジソブ&シン・ハギュン&イ・ユリが「MBC演技大賞」で激突
「2018 MBC演技大賞」が大賞候補を公開した。

来る30日に開かれる「2018 MBC演技大賞」の候補にはキム・ソナ(『赤い月青い太陽』)、ソ・ジソブ(『私の恋したテリウス』)、シン・ハギュン(『悪い刑事』)、イ・ユリ(『かくれんぼ』)、チョン・ジェヨン(『剣法男女』)、チェ・シラ(『別れが去った』) の6人(以上五十音順)が選ばれた。

最近、ミステリースリラーで視聴者たちの注目をひきつけている『赤い月青い太陽』で「チャ・ウギョン」役を引き受けて圧倒的な演技力でドラマに視聴者を引き込んでいるキム・ソナ、カリスマ的な元NISブラック要員役として視聴者たちを「キム・ボン」役で魅了したドラマ『私の恋したテリウス』のソ・ジソブが大賞候補にノミネートされて大きな期待を集めている。

高い視聴率で大きな愛を受けた二つの作品の主人公も大賞候補になった。最近、放送を開始して視聴率同時間帯1位となって巡航中のドラマ『悪い刑事』にて悪い奴を捕まえる悪い刑事ウ・テソクとして熱演中のシン・ハギュン、『かくれんぼ』で養子出身の「ミン・チェリン」役を特有のエネルギーで消化して「視聴率女王」の地位を強固にしたイ・ユリも受賞を期待できる。

また、韓国型CSIを標榜し新しい流れを作り出した『剣法男女』にて「ペク・ボム」役で大きな愛を受けたチョン・ジェヨンと切々たる家族の話で注目されたドラマ『別れが去った』で濃厚な母性愛の演技と屈曲した人生を生きていく女性の人生を立体的に表現したチェ・シラも大賞候補にノミネートされた。

「2018 MBC演技大賞」の大賞はドラマPD、視聴者委員会、評論家やジャーナリストの審査と視聴者の投票を総合して栄誉の「大賞」を選定する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-12-20 10:45:19