トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「赤い月青い太陽」25・26話 VIXXエン、涙の熱演で視聴者引き込む

「赤い月青い太陽」25・26話 VIXXエン、涙の熱演で視聴者引き込む

「赤い月青い太陽」 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「赤い月青い太陽」25・26話 VIXXエン、涙の熱演で視聴者引き込む
『赤い月青い太陽』でVIXXエンが凄然として哀れみを感じさせる涙の演技で視聴者をひきつけた。

2日午後に韓国で放送されたMBC水木ドラマ『赤い月青い太陽』では、イ・ウンホ(VIXXエン)が再び殺人事件の容疑者として指名されながら警察に逮捕されたシーンが放送された。いつも子供が好きで明るい表情で子供たちを絵に描いていたイ・ウンホが再び容疑者として浮上した瞬間、さらに緊張感が高まった。

イ・ウンホは警察署の留置場に面会に来たチャ・ウギョン(キム・ソナ)と対面した。

ウギョンの面会がうれしくて微笑むウンホだったが「院長が行けと言いました」という言葉に笑顔が消えて寂しそうにした。また、ウンホは「院長が良い弁護士を手配してくださるって」というウギョンの言葉に信じられないというようにもう一度確認した後、悲しみがこみ上げたように涙を流した。この時、イ・ウンホは最大限感情をおさえたまま淡々と言葉を続け、徐々に変化する表情と目つきを自然に表現して視聴者をひきつけた。

それだけでなく、センターの大院長であるジェハクの前で恐怖でひざまずいて許しを請う場面でウンホは震える声と恐ろしい感情まで完璧に消化した。これにより、視聴者の怒りを誘ったりもし、一時も目を離すことができない展開が続いていった。

VIXXエンは登場するシーンごとに視聴者たちを引き込んで見る人を緊張させた。加えて傷による凄然さ、悲しみなどが隙のない感情演技で描き出されて「イ・ウンホ」というキャラクターを完成させ、あっという間の60分を作り出した。

一方、『赤い月青い太陽』は謎の子供、謎の事件と遭遇した女性が詩を手がかりに真実を追跡する作品で、毎週水、木、午後10時に放送される。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ シン・ヨンギョン記者 / 写真=Jellyfishエンタ提供 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-03 10:41:50